FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)オーシャースレーベン戦が中止

スペイン アンダルシアの地方政府、ヘレス市議会、ドルナスポーツがスペイン政府に提案しているように、8月2日にヘレス戦が開催されるのであれば、FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)の第2戦はスペインで開催されることとなる。

改訂版のスケジュールでは、7月31日から8月2日にかけてはドイツ戦がオーシャースレーベンで開催される見通しだったが、ドイツ政府が大人数でのイベント禁止を8月末まで延長していることにより、FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)のドイツ戦は中止となった。オーシャースレーベンでのレース開催は実に16年ぶりとなる開催だっただけに、落胆している関係者は少なくない。

オーシャースレーベンCEO Ralph Bohnhorst

「健康が何より重要ですが、FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)をオーシャースレーベンで開催しようと努力してきたことを考えると残念です。今回の開催に向けて多くの作業を進めてきていましたしね。今回ドルナと仕事をする中で、素晴らしい仕事ぶりを見せてもらいました。また彼らと来年オーシャースレーベンでFIM スーパーバイク世界選手権(SBK)を開催出来ることが楽しみです。」

(Source: motorsportarena)

(Photo courtesy of motorsportarena)