アレイシ・エスパルガロ アプリリアと2022年までの2年契約を更新

アレイシ・エスパルガロ

アプリリアレーシングCEOのマッシモ・リヴォラも認めていたとおり、アプリリアはアレイシ・エスパルガロと2年契約を更新した。アプリリアにとっても開発を長年手動してきたアレイシ・エスパルガロがプロジェクトに必要であることは明白で、もう一人のライダーが資格停止処分中のアンドレア・イアンノーネとなるか、Ducatiファクトリーを離れると見られるダニーロ・ペトルッチになるか注目される。

アレイシ・エスパルガロ

「アプリリアとの契約更新が出来て嬉しいですね。この4年でアプリリアは自分にとって第2の家族と言える存在になりました。このプロジェクトのとって自分が中心的な人物であることを確認できるこの契約更新は嬉しいです。テクニカルレベルでは今年の最新型は自信を与えてくれますし、自分がフィードバックした内容が反映されています。2020年のプレシーズンテストでも素晴らしいスピードを発揮していました。昨年の冬にスタートした仕事をしっかりと終える必要があると感じています。チームで再び集まって、新型バイクでレースをすることが待ち遠しいです。このプロジェクトを本来ある高みに持っていきたいですね。」

マッシモ・リヴォラ

「アレイシ・エスパルガロとの契約更新を強く望んでいましたから嬉しいですね。ライダーマーケットは騒がしくなっていますが、アプリリアにとってプロジェクトを前進させてくれるライダーはアレイシ・エスパルガロです。キャプテンとして彼を迎えて新しいプロジェクトを進めていくことが出来ます。新型バイクはトラックで素晴らしいパフォーマンスを発揮しています。出来るだけ早く彼がアプリリアで優勝する姿を見てみたいです。MotoGPの歴史が始まって以来アプリリア優勝したことはありませんからね。」

(Source: aprilia)

(Photo courtesy of aprilia)