MotoGP2020 9月以降は観客のレース観戦可能性もゼロではない

MotoGP2020年の開幕戦は7月19日のヘレスとなるが、レースは無観客で行われる。しかし8月16日からのオーストリアGPについてはチケットが未だに発売延期となっており、政府の承認が下りればファンの観戦が可能かもしれない。

また、11月のヨーロッパGP、バレンシアGPについては、状況によっては観客を動員した形でのレースが可能かもしれないとバレンシア・サーキット側が発表していることから、コロナウイルスの感染拡大状況、対処法、治療法、ワクチンなどが開発されていけば、状況は大きく改善に向かう可能性もある。

ドルナCEO カルメロ・エスペレーター

「ミサノでのレースも当然無観客となっていますが、レースが開催されるのは9月です。今から9月までの間に状況の変化がある可能性もあります。しかし9月27日からのカタルーニャGPについては感染防止拡大の観点から無観客での開催は絶対条件となります。すでにチケットを購入されている方は、2021年に同チケットで観戦をするか、返金いずかを選択いただくことが可能です。」

(Photo courtesy of michelin)