MotoGP 11月22日の最終戦をポルティマオで開催

FIM、IRTA、ドルナスポーツは今年の世界選手権第15戦目としてポルティマオをカレンダーに加えた。開催日は11月20日から22日となり、これがMotoGP2020年シーズンの最終戦となる。ポルティマオでは先週FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)が開催されており、まるでジェットコースターと評されるサーキットでMotoGPバイクがどのようなレースを展開するのか楽しみだ。

FIM会長 ホルヘ・ビエガス

「 8年の空白の後、MotoGPが私の母国であるポルトガルに戻ってくるのは嬉しいですね。前回ポルトガルでレースが開催されたのは2012年のエストリル、5月のことでした。ドルナ、アウトードロモ・インテルナシオナル・ド・アルガルヴェ、ポルトガル・モーターサイクル協会に感謝したいと思います。

アウトードロモ・インテルナシオナル・ド・アルガルヴェ CEO パウロ・ピンヘイロ

「アウトードロモ・インテルナシオナル・ド・アルガルヴェでMotoGPを開催するという夢が叶いました。MotoGPは2輪スポーツの最高峰ですから本当に興奮しています。ドルナと開催合意を取り付けた2017年から長い時間がかかりました。ポルトガル人としてMotoGPクラスで活躍するミゲル・オリヴェイラが表彰台争いに参加してくれた、もはや何もいうことはありません。チャンピオンシップがここで決定するとなお最高ですね。現時点では3万人のファン受け入れを検討しています。ドルナと衛生当局とともにさらなる受け入れ体制の構築を検討しています。MotoGPを開催出来ることはこの上ない喜びですね。」

ドルナ・スポーツCEO カルメロ・エスペレーター

「大きなニュースです。ポルティマオでMotoGP開催ということについては2017年に合意していました。FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)ではすでにポルティマオを使用していますが、MotoGP開催までにこのトラックは再舗装も決定しています。ライダー達もこのトラックで走るのを楽しみにしています。ポルトガルはモータースポーツの世界において重要な場所で、エストリルでは何度もレースを開催してきました。MotoGPクラスにはミゲル・オリヴェイラもいますし、最高峰クラスでライダーが活躍する国でのレースはいいものです。今年の最終戦をポルトガルで開催出来ることを本当に楽しみにしています。」

(Source: dorna sports)

(Photo courtesy of dorna sports)