FIM スーパーバイク世界選手権(SBK) 最終戦をエストリルで開催

FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)の新スケジュールが公表された。最終戦はポルトガルのエストリル・サーキットで開催されることが決定。レース日程は10月16日から10月18日で、当初予定よりもだいぶ早めにシーズンを終えることとなる。これにより、10月に予定されていたサン・フアン、11月に予定されていたミサノが中止となる。なお、ポルトガルでシーズン中に2戦が開催されるのはFIM スーパーバイク世界選手権(SBK)の歴史で初だ。

改訂版FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)2020カレンダー

第1戦 (2/28-3/1) フィリップアイランド
第2戦 (7/31-8/2) ヘレス
第3戦 (8/7-8/9) ポルティマオ
第4戦 (8/28-8/30) アラゴン
第5戦 (9/4-9/6) アラゴン
第6戦 (9/18-9/20) バルセロナ
第7戦 (10/2-10/4) マニクール
第8戦 (10/16-10/18) エストリル

FIM会長 ホルヘ・ビエガス

「FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)に2戦目となるポルトガル戦を加えることが出来たこと、エストリルでのレース開催が嬉しいですね。エストリルは1988年、1993年にFIM スーパーバイク世界選手権(SBK)を開催しています。エストリル・サーキットとポルトガルのFIMに感謝したいと思います。」

エストリル・サーキット会長 ジャイメ・アンドレス

「エストリルにFIM スーパーバイク世界選手権(SBK)を再び迎えるのは大きな喜びです。1988年、1993年以来ですから、エストリルにとっては新しいレースと言えます。サーキットスタッフの優しさ、プロフェッショナリズムからしても、天候が良ければ、チームがエストリルで素晴らしい体験をしてくれると思います。チームとライダーの健闘を祈り、2020年より先もレース開始が出来ることを願っています。」

SBKディレクター グレゴリオ・ラビラ

「イベリア半島でFIM スーパーバイク世界選手権(SBK)の人気を広めるためにも、ポルトガルでのレース開催は素晴らしいことです。ほとんどのチームがこのトラックを知らないでしょうからチャレンジングなレースになるでしょう。そしてこうした条件は選手権におけるスパイスになると思います。FIMとサーキットのご協力に感謝いたします。」

(Source: WSBK)

(Photo courtesy of WSBK)