WSBKアラゴン戦レース1 優勝スコット・レディング「今日のバイクのフィーリングはベストとは言えない」

スコット・レディング

3番グリッドからスタートしたスコット・レディングはカワサキのジョナサン・レイに食らいついてレースを進め、8周目にレイを抜いてトップに立った。その後レイの攻撃を何度か交わし、そのまま走りきって優勝を手にした。これでシーズン3勝目、チャンピオンシップにといてトップに返り咲いている。
スコット・レディング

この勝利をチームに捧げたい

スコット・レディング

「今朝までフィーリングは良いと言える状況ではなかったのでこの勝利は嬉しいですね。スーパーポールで状況が変わったと言えますが、まだ最高とは言えません。今日はとにかくリーディンググループから離されないようにと思って走行していました。レースを進めるごとにバイクのフィーリングが改善し勝利を手にすることが出来ました。素晴らしい仕事をしてくれたチームに捧げたいですね。」
スコット・レディング
(Source: Ducati)

(Photo courtesy of Ducati)