SBKカタルーニャ戦レース1 2位スコット・レディング「序盤にレイを逃してしまった」

スコット・レディング

スコット・レディングは予選7番手からスタート。序盤はマイケル・ルーベン・リナルディとのバトルによって、優勝したジョナサン・レイを逃してしまった。MotoGPでもそうだが、優勝争いをするには予選で前2列からスタートすることが欠かせないと言える。
スコット・レディング

2位は悪くない結果

スコット・レディング

「予選と比較するとレースにおけるバイクのフォーリングは悪くありませんでした。良いスタートが切れたのでフロントグループについていくことが出来ました。序盤はソフトタイヤを履くリナルディとバトルになり、ジョナサン・レイを逃してしまったんです。リカバリーを試みましたが、不可能でした。2位は悪くない結果です。優勝を逃してしまいましたが、ジョニーのレースを祝福したいですね。」

(Source: Ducati)

(Photo courtesy of Ducati)