ミシュラン カタルーニャGPプレビュー/モントメロで後半戦を開始

ミシュラン、2020 シーズン後半に向けてモントメロに移動

ミシュランはイタリアからスペインへ。バルセロナに程近いモントメロに直行します。ここで 3 連戦の最終レースとなる第9戦カタルーニャ・グランプリが開催されます。

全長4,627m のバルセロナ・カタルーニャ・サーキットを舞台に、本来は今年6月に開催予定だったこのレースは、新型コロナウイルス感染症の世界的な流行により、スケジュールが変更されて9月末に行われることになりました。サーキットは2018年に改修および再舗装されており、タイヤの摩耗度が非常に高い路面と高速カーブ、全長1キロメートルを超えるストレート、そして大きな高低差が特徴です。

MotoGPライダーたちの間でも人気の高いサーキットで、素晴らしい雰囲気のなか数々のエキサイティングなレースが展開されてきましたが、残念ながら今大会では新型コロナウイルス感染症対策のためコースサイドに観客の姿はありません。

ミシュランはサーキットの要件に対応するために理想的なタイヤレンジを準備しました。気象条件は、今年本来の日程と同様の条件になると予測されるため、これまでのレースとテストで得られたデータが MICHELIN パワースリック のコンパウンドを選択する上で大いに役立ちました。フロントとリアのスリックタイヤは通常のソフト、ミディアム、そしてハードで、フロントのソフトとミディアムタイヤは左右対称設計ですが、フロントのハードとすべてのリアタイヤは左右非対称設計となっています。

6つの左コーナーに対して 8 つの右コーナーに対処するため右側をよりハードとしています。カタルーニャに秋が訪れた今、サーキットに雨が降ることも予想されます。その場合に備えて、MICHELINPower Rain がフロントに左右対称設計のソフトとミディアム、そしてリアには右側をよりハードにした左右非対称設計のソフトとミディアムで用意されます。

モントメロでのミシュランの戦いは、金曜日朝の最初のフリープラクティスセッションから始まります。午後に2回目のセッション、そして翌土曜日にも予定される 2 回のフリープラクティスセッションと続き、午後にはエキサイティングな公式予選が行われます。24周で争われる MotoGP 決勝レースは9月27日日曜日、現地時間 15 時 00分、日本時間 22 時 00 分にスタートします。

ミシュランモータースポーツ 2 輪マネージャー:ピエロ・タラマッソ

「春ではなく、初秋のバルセロナに向かうというのは思いもよらなかったことですが、私たちはレースのコンディションは当初予定の 6 月に行われる場合と同様になると予測しており、私たちが供給するタイヤレンジは同じです。このサーキットは高速コーナー、長いストレート、そしてハードブレーキングゾーンを備えたレイアウトで、タイヤへの要求にはとても厳しいものがあります。」

「また、長い右コーナーが多ため、タイヤ右側のショルダー部分に非常にストレスを受けるサーキットでもあります。そのため私たちがバルセロナに持ち込むタイヤは万能性を持ちつつ、個々の要求にも非常に高いレベルで応えなくてはなりませんが、私たちはそれらに対応するタイヤレンジを準備しています」

(Source: michelin)

(Photo courtesy of michelin)