ヤマハ フルモデルチェンジしたTRACER9 ABS/GT ABSを発表

ヤマハ フルモデルチェンジしたTRACER9 ABS/GT ABSを発表

ヤマハ発動機株式会社は、水冷・4ストローク・DOHC・3気筒・4バルブ・890cm3エンジン搭載のスポーツツーリングモデル「TRACER9 ABS」および「TRACER9 GT ABS」をフルモデルチェンジし、欧州向けに発売する。また、「TRACER9 GT ABS」は2021年春以降に日本での発売を予定している。ヤマハ フルモデルチェンジしたTRACER9 ABS/GT ABSを発表

「TRACER9 ABS」は、“Multirole fighter of the Motorcycle”をコンセプトに開発した。スポーツ性能とツーリングなど多用途に使える実用機能を磨きながら、軽量化技術を織り込み、同クラス最軽量級の車両重量を実現した。また、新しい「TRACER」の世界を提唱するスタイリングを採用した。
ヤマハ フルモデルチェンジしたTRACER9 ABS/GT ABSを発表
「TRACER9 ABS」の新たな特徴は、1)トルクフルな新890cm3エンジン、2)軽量CFアルミダイキャスト製の新フレームと専用リアフレームおよびリアアーム、3)独自のSPINFORGED WHEEL(スピンフォージド ホイール)技術による軽量アルミホイール、4)IMUを活用した運転操作を支援する各種制御、5)機動性と機能性を表現したスタイリング、6)スポーツツアラーとしての快適性と機能性をさらに高める充実装備と車体構造などだ。
ヤマハ フルモデルチェンジしたTRACER9 ABS/GT ABSを発表

また「TRACER9 GT ABS」は、「TRACER9 ABS」をベースに、ツーリングの快適性を向上させた上級モデルだ。新たに、1)KYB製前後電子制御サスペンション、2)夜間走行でライダーの負担の低減を図るコーナリングランプ、3)ダンパー内蔵サイドケース用ステー、4)シフトダウンにも対応したQSS(クイックシフトシステム)、などを採用した。
ヤマハ フルモデルチェンジしたTRACER9 ABS/GT ABSを発表

ヤマハ フルモデルチェンジしたTRACER9 ABS/GT ABSを発表

欧州仕様「TRACER9 ABS」主要仕様諸元 【】は「TRACER9 GT ABS」

全長×全幅×全高2,175mm x885mm x1,430mm (1,470mm)※1
シート高Lo:810mm, Hi:825mm※2
軸間距離1,500mm
車両重量213kg 【220kg】
原動機種類水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
気筒数配列直列3気筒
総排気量890cm3
内径×行程78.0mm×62.1mm
圧縮比11.5:1
最高出力87.5kW(119.0PS)/10,000r/min
最大トルク93.0N・m(9.5kgf・m)/7,000r/min
始動方式セルフ式
燃料タンク容量18L
燃料供給方式フューエルインジェクション
タイヤサイズ(前/後)120/70ZR17M/C (58W) / 180/55ZR17M/C (73W) (前後チューブレス)

「TRACER9 ABS」の新フィーチャー  ※は「TRACER9 GT ABS」専用フィーチャー

ヤマハ フルモデルチェンジしたTRACER9 ABS/GT ABSを発表