モンスターエナジーヤマハMotoGPチーム 2021年のチーム体制を発表

モンスターエナジーヤマハMotoGPチーム 2021年のチーム体制を発表

モンスターエナジーヤマハMotoGPチームはオンラインで2021年のチーム体制を発表した。ショーのようなスタイルで司会が適宜話を膨らませながら、リン・ジャービス、マーべリック・ビニャーレス、ファビオ・クアルタラロなどに2021年のアプローチをヒアリングする形となった。2021年はあらゆる手段を講じると語るリン・ジャービスの言葉どおり、なんとしても結果を出したい1年だ。

Advertisement

2021年はタイトル獲得を目指して戦う」

ジェネラル・マネージャー 伊藤洋

「世界中のヤマハMotoGPファンの皆様に、この状況下でさらにお待ちいただきありがとうございますとお伝えしたいと思います。現在、ヤマハ発動機のモータースポーツ開発部門は2021年シーズンのスタートに向けて準備を整えています。昨年はすべてのMotoGPライダー、チーム、スタッフにとって非常に厳しい年でしたが、共に多くの困難を乗り越えてきました。」

「2020年同様に、2021年もライダーとチームが力を合わせてヤマハのMotoGP世界選手権タイトル獲得のため戦います。ヤマハは昨年の経験、創造性と創意工夫を活かして、強力なチームとしてチャンピオンシップ優勝を勝ち取ります。自信を持っていますし、今年のモンスターエナジーヤマハMotoGPチーム、ペペトロナス・ヤマハ・SRT、そして4人の素晴らしいライダーの活躍を楽しみにしています。」

Advertisement

あらゆる手段を講じていく

マネージング・ディレクター リン・ジャービス


「今年は、モンスターエナジーがヤマハのスポンサー活動を開始して9年目、タイトルスポンサーとして3年目を迎えます。両社の長期的なパートナーシップと、強力なグローバルアライアンスでの結びつきに大きな誇りを持っています。そして両社の結びつきはトラック内外で確認出来ます。」

「我々チームはモンスターエナジーを始め、他の多くのチームスポンサー、公式パートナー、およびサプライヤーの継続的なサポートとコミットメント、そしてMotoGPに対する深い関心と情熱に心から感謝しています。彼らの協力無しには、ヤマハはトップレベルで戦うことはできません。スポンサー、パートナー、メディア、ファンが本日のイベントに参加出来ないことが非常に残念ですが、バーチャルの体験によって、彼らが再びヤマハを近くに感じられたことを願っています。」

「2021年シーズンは、あらゆる手段を講じていきます。2020年はヤマハが最多となる合計7勝をしていますが、チャンピオンシップタイトルを逃しました。今年の目標はMotoGP世界選手権でチャンピオンシップ優勝することです。マーベリックとファビオという2人のタイトル候補の選手で参戦しますから、レースに勝ち、シーズンを通して安定感を発揮するために何が必要かわかっています。バイクの改良とチーム内部の改革により、チャンピオンシップ優勝を目指すことが出来るでしょう。」

カタールテストに自信をいだいている

チーム・ディレクター マッシモ・メレガッリ


「2020年は厳しいシーズンでしたが、チームとして学び、2021年に何ができるかわかっています。コロナの世界的大流行が続いているためセパンでテストすることはできず、ファンとの交流はまだ時間が必要です。」

「日本でエンジニア達がM1の開発に時間を費やしてきましたから、私達もカタールテストに自信を持っています。試すべきパーツが多数ありますし、シーズン開幕が待ちきれません。また、今年は若き2人のライダーと共に戦いますし、我々もこのプレシーズンに「必ずできる!」という気概で挑んでいます。」

(Source: yamaha-racing)

(Photo courtesy of yamaha-racing)

MotoGPカテゴリの最新記事