カタールで迎える第2戦目におけるbrembo(ブレンボ)のブレーキングシステム

カタールで迎える第2戦目におけるbrembo(ブレンボ)のブレーキングシステム

ロサイルで迎える第2戦目におけるbrembo(ブレンボ)のブレーキングシステムMotoGPシーズンは最高の形で開幕したが、今週末のレースも再びカタールでドーハGPとして開催される。前回のレース同様に今回のレースも夜間開催となり、カーボンディスクが赤熱するまでのブレーキングを見ることが出来る。

MotoGPチャンピオンシップで全てのMotoGPライダー達と密接に仕事をしているブレンボのテクニシャン達によると、カタール・インターナショナルサーキットは、ブレーキにとっては中程度の難易度のサーキットだ。難易度指数1〜5段階では3に該当し、2021年のカレンダーのうち8つのサーキットと同様となる。

Advertisement

brembo(ブレンボ)MotoGPマスターシリンダーは低フリクション

22名のMotoGPライダー達全員がbrembo(ブレンボ)のマスターシリンダーを使用しているが、ラジアルマスターシリンダーでは、指がブレーキレバーにかかる力、レバー自体の力は同じ方向に機能する。レバーからの力が無駄にならずシリンダーに作用するため、フリクションが低減されている。

brembo(ブレンボ)は1985年にラジアルマスターシリンダーの特許を取得している。翌年にヤマハのエディー・ローソンのYZR OWに装着され、彼の500ccタイトル獲得を手助けした。

MotoGPテクノロジーを市販車にフィードバック

MotoGPからの豊富な経験を下に、brembo(ブレンボ)はR19RCS Corsa Cortaラジアルマスターシリンダーを登場させた。これはサンデーレーサーに最適なもので、ライダーは自由に3段階でブレーキの反応を調整出来る。

つまり、ライダーたちは自分たちのライディングスタイル、 路面コンディションに応じて、ブレーキングシステムの効力の立ち上がりを調整することができる。

Advertisement

合計950kgを超える力が発生

ロサイル・インターナショナルサーキットには1.5Gの減速度を持つ2つのブレーキングセクションが存在し、その他に1.4G、1.3Gの減速度がかかる ブレーキングセクションも存在する。

3つのブレーキングセクションにおいては制動距離が150mを超え、130km/h以上のスピードを減速することになる。スタートからチェッカーフラッグまでライダーがブレーキレバーに与える力を合計すると、950kgを超える。これは1分あたり23kgに相当する。

ターン1でディスク温度は660℃を超える

ロサイル・インターナショナル・サーキットの12のブレーキングセクションの中で、3つがブレーキにとっては厳しい箇所で、残りの5つが中程度、4つが軽度の難易度と考えられる。

1.068mのストレートでは1コーナーで5秒近くの制動時間が必要で、これによりカーボンフロントディスクの温度は660℃まで一気に跳ね上がることになる。 これは凄まじい温度ではあるが、ブレンボのキャリパーとディスクは、2コーナーではすでに480℃までにクールダウンしている。

(Source: Brembo)

(Photo courtesy of Brembo)

MotoGPカテゴリの最新記事