ドーハGP 6位フランセスコ・バグナイア「ホールショットデバイスが機能しなかった」

ドーハGP 6位フランセスコ・バグナイア「ホールショットデバイスが機能しなかった」

ドーハGP 6位フランセスコ・バグナイア「ホールショットデバイスが機能しなかった」当初の目的とは異なる順位でレースを終えたと語るフランセスコ・バグナイア。前回レースに続き、今回もまたPramacレーシングに予選、決勝も先行を許す展開となった。スタートでホールショットデバイスが機能しなかったことも、今回の結果の一因となってしまったはずだ。

Advertisement

6位は狙っていたターゲットではない

ドーハGP6位 フランセスコ・バグナイア 42’26.639

今回はスタートで問題がありホールショットデバイスが機能しませんでした。とは言え、ポジションを回復するためにレースをして、トップとの差を縮めて走行することが出来ました。」
ドーハGP 6位フランセスコ・バグナイア「ホールショットデバイスが機能しなかった」
「最後はザルコのスリップストリームに入ってのブレーキングでミスをしてしまい、バイクを止めきることが出来ませんでした。トラックに復帰出来たもののオーバーランした代償は大きく、もともとの位置まで戻るのに4周から6周かかってしまったんです。」

「6位はもともと設定していたゴールではありません。ペースに関しては優勝出来ていたペースでしたからね。これからはポルトガルのレースに向けてリセットして考える必要があります。」

次はミスを減らして走行したいと思います。ファクトリーチームにおいては多くのミスは許されませんから。

(Source: Ducati)

(Photo courtesy of Ducati)

MotoGPカテゴリの最新記事