FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)エストリル戦 ジョナサン・レイ「SC0タイヤは幅広いレンジで活躍してくれた」

FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)エストリル戦 ジョナサン・レイ「SC0タイヤは幅広いレンジで活躍してくれた」

FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)エストリル戦 ジョナサン・レイ「SC0タイヤは幅広いレンジで活躍してくれた」ジョナサン・レイはエストリルのスーパーポールレースで今季3勝目を達成。タイヤはスプリントレースにも関わらずSC0を選択。しかしSCXタイヤを履くライバルをレース後半に振り切って見事優勝を遂げた。

レース2ではジョナサン・レイはDucatiのスコット・レディングと激しくバトルを展開。しかし15周目にスコット・レディングが転倒したことでレイは独走。チャズ・デイビスに約3秒の差をつけて優勝、これで 今季4勝目、FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)の優勝数を103回とした。

Advertisement

序盤はタイヤに確信が持てなかった

ジョナサン・レイ

「簡単ではなかったものの、レース2は正直言って楽しかったですね。セクター4でリナルディと接触した時は転倒してもおかしくない状況でしたね。今回はグリッドの大半がSCXタイヤを履いていたので、難しいレースになると思っていましたが、SC0を選択しました。」
FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)エストリル戦 ジョナサン・レイ「SC0タイヤは幅広いレンジで活躍してくれた」
「SC0でも問題ないと思っていましたが、3、4周目ではしっかり確信は持てませんでした。トプラック・ラズガトリオグルとチャズ・デイビスとの差が広がらないので、彼らについていこうと走行していました。トプラック・ラズガトリオグルがロングラップペナルティーを受けたのは助かりました。彼を抜くのは至難の技ですから。その後スコット・レディングは安定したリズムで走行していて、少しずつ接近していったんです。」

「彼のスリップストリームについて走行することが出来たのは嬉しい驚きでした。ターン4では彼がしかけて来ているのがわかっていましたが、その後ピットボードを見ると彼の転倒がわかり、自分のペースを取り戻して走行することが出来ました。」

Advertisement

FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)エストリル戦 ジョナサン・レイ「SC0タイヤは幅広いレンジで活躍してくれた」
「今回は路面温度が非常に高かったので、1分37秒台半ばのラップタイムをキープするのは大変でした。SC0は幅広いレンジで活躍してくれ、ピレリ(Pirelli)に感謝すると同時に、ウイークを通じて素晴らしい判断をしてくれたクルーにも感謝したいと思います。1回の表彰台、2回の優勝という結果を得た素晴らしい週末になりました。」
FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)エストリル戦 ジョナサン・レイ「SC0タイヤは幅広いレンジで活躍してくれた」FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)エストリル戦 ジョナサン・レイ「SC0タイヤは幅広いレンジで活躍してくれた」FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)エストリル戦 ジョナサン・レイ「SC0タイヤは幅広いレンジで活躍してくれた」FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)エストリル戦 ジョナサン・レイ「SC0タイヤは幅広いレンジで活躍してくれた」FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)エストリル戦 ジョナサン・レイ「SC0タイヤは幅広いレンジで活躍してくれた」FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)エストリル戦 ジョナサン・レイ「SC0タイヤは幅広いレンジで活躍してくれた」
(Source: KRT)

(Photo courtesy of KRT)

スーパーバイク世界選手権カテゴリの最新記事