ドイツGP 予選11位アレックス・リンス「スロー走行していたライダーがいることに怒りを感じる」

ドイツGP 予選11位アレックス・リンス「スロー走行していたライダーがいることに怒りを感じる」

Q1からQ2に進出したアレックス・リンスだが、多くの選手がコース上でスロー走行していたことでタイムを出せず、結果としては11番手スタートになってしまった。模範なるべきMotoGPライダー達がスロー走行をしていたことに対して怒りを感じていると語る。実際この問題は徐々に悪質化しており、何らかのペナルティーを課すことが望まれる。

Advertisement

努力して最高の結果を得たい

アレックス・リンス

「FP3ではエンジンに問題がありましたが、ボックスに直行して2台目のマシンに交換しました。しかし高速タイムを記録出来ずにダイレクトにQ2への進出を逃しました。Q1ではフィーリングが良くトップ2に入り、Q2に進むことが出来たんです。」

「Q2に関しては何人かのライダーがスロー走行をしており、コース上でほぼ止まっている状況でした。セーフティーコミッションでいつも話していることですが、自分達はMotoGPライダーで模範になるべき存在です。」

Advertisement

「それなのに、スロー走行を何人もの選手がしていたことに怒りを感じます。いずれにせよ、これで11番手スタートになりました。オーバーテイクは容易ではありませんが、努力して最高の結果を得たいと思います。」

(Source: suzuki-racing)

(Photo courtesy of michelin)

MotoGPカテゴリの最新記事