NTS RW Racing GP オランダGP決勝レースレポート

  • 2021.07.02
  • NTS
NTS RW Racing GP オランダGP決勝レースレポート

オランダGP決勝でシャーリンが23位 バルタスは24位で完走

オランダGPのMoto2クラス決勝は、現地時間午後12時20分(日本時間午後7時20分)にスタート。全24周で争われました。オランダに本拠地を構えるRW RacingGPにとって、今回のレースはホームグランプリです。日曜のレースではNTSのポテンシャルを最大限に発揮して好結果を獲得するべく、ハフィス・シャーリンとバリー・バルタスのライダー両名とチーム全員が強い気持ちで臨みました。

Advertisement

NTS RW Racing GP オランダGP決勝レースレポート
しかし、両選手はともに後方10列目29番手と30番グリッドからのスタートという不利な状況を強いられたため、最後まで懸命の追い上げを続けたものの、チャンピオンシップポイント圏内の15位には届かず、シャーリンが23位、バルタスは24位という結果で終えました。現地で陣頭指揮を執るチームマネージャーのヤルノ・ヤンセンは、悔しさを隠しきることができませんでした。

「ハフィスとバリーはともに最後尾からのスタートとなったため、厳しいレースを強いられてしまいました。今回のレースは我々のホームグランプリなので、選手両名には大きなプレッシャーがかかっていたと思います。チームスタッフたちも全力でがんばってくれましたが、好結果を獲得できなかったのは本当に残念です。」

「先週のドイツGPではセットアップの良い方向性を見いだすことができていましたが、コース特性の異なる今回のTTサーキットアッセンでは、その長所を存分に引き出すことができませんでした。バリーはレースのスタートでうまく走り出すことができましたが、その後は午前のウォームアップ走行で見せてくれたようなペースを維持できませんでした。」

「一方、ハフィスは午前のウォームアップでマシンセットアップに微調整を施して改善を狙いましたが、充分に機能させるには至りませんでした。これから5週間の夏休みでリフレッシュし、エネルギーを充填しなおして後半戦に備えます。オーストリアの2週連続レースでは我々チームが総力を結集し、NTSの高い性能を存分に発揮して戦えるようにしっかりと準備を進めます」

2021年シーズン後半戦は、オーストリア中央部のレッドブルリンクで2週連続開催のスティリアGPとオーストリアGPとして開催されます。スティリアGPの走行は8月6日(金)午前にスタートします。
NTS RW Racing GP オランダGP決勝レースレポート

ハフィス・シャーリン選手(ゼッケン55)

(決勝レース:23位)
「今回はチームのホームGPだったのにポイントを獲得できなくて、申し訳ない気持ちでいっぱいだ。週末を通して厳しい戦いを強いられたけれども、これからの夏休みで母国のマレーシアへ一度帰国して気持ちを切り替え、しっかりと準備を進めながらふたたび高い気持ちを維持して後半戦に備えたい」

NTS RW Racing GP オランダGP決勝レースレポート

バリー・バルタス選手(ゼッケン70)

(決勝レース:24位)
「今回のレースウィークは苦戦を強いられてしまった。思う存分戦うことができず、好結果も持ち帰ることができなくて本当に残念だ。後半戦にこの悔しさをぶつけて、巻き返しを狙っていきたい。シーズン前半は、とくに序盤戦で負傷欠場を強いられていたので厳しかった。前半戦にチャンピオンシップポイントを2点獲得できたのは収穫だけれども、後半戦ではもっとたくさんポイントを稼げるようにがんばるよ!!」

(Source: NTS)

(Photo courtesy of NTS)

NTSカテゴリの最新記事