ブレンボが分析する 2021年MotoGPアメリカズGP

ブレンボが分析する 2021年MotoGPアメリカズGP

2019年以来1年ぶりにMotoGPが北米に戻ってきましたが、アメリカズGPはこれまでは4月に開催されていたため、天候がどうなるかは未知数。すべてのMotoGP世界選手権ライダーと密接に連携しているbrembo(ブレンボ)の技術者によると、サーキット・オブ・ジ・アメリカズはブレーキにとって中程度の要求度のサーキットです。ブレンボが分析する 2021年MotoGPアメリカズGP

Advertisement

テキサス州のサーキットは、ターン1に続くストレートの勾配が非常に強く、トラックの最も低いところ、最も高いところの高低差が41メートルにもなります。ブレーキングポイントを間違えると、問題になることは容易に想像がつくでしょう。
ブレンボが分析する 2021年MotoGPアメリカズGP

ブレンボMotoGPキャリパーは超軽量化と最適な冷却性能を実現

ブレンボのラジアルマウント4ピストンモノブロックキャリパーは、MotoGPでのみ使用されており、ビレット加工されたアルミニウムリチウムのモノブロックから作られています。ビレット加工は、鋳造に比べて機械的特性や高温耐性に優れた素材を使用することが可能。
ブレンボが分析する 2021年MotoGPアメリカズGP
MotoGP用モノブロックキャリパーは、外部ボディにフィンがあるだけでなく、スプリングデバイスを使用したアンチドラッグシステムを搭載し、残留トルクを大幅に低減しています。このキャリパーは、制動時にブレーキフルードの油圧による力と組み合わされた力をピストンに発生させるため、制動トルクを高めることが可能です。

MotoGPテクノロジーを公道で

ブレンボが分析する 2021年MotoGPアメリカズGP
brembo(ブレンボ)がブレーキシステムを世界グランプリの世界で使用し始めた1970代以来、brembo(ブレンボ)は新たな技術開発を進めてきました。そしてその技術的信頼性が明らかになった以降は、大量生産され公道でも使用可能となりました。brembo(ブレンボ)の高性能なブレーキキャリパーは比類なき性能を発揮し、brembo(ブレンボ)のトラックでの経験をダイレクトに公道フィードバックしているのです。

brembo(ブレンボ)のGP4-RSキャリパーはMotoGPで使用されているモノブロックキャリパーにインスパイアされたものです。これはトラック走行を楽しむユーザー向けに生まれた製品で、軽量、高い強度、放熱性、デザインとパフォーマンスを実現しています。

12のブレーキセクションで37秒

ブレンボが分析する 2021年MotoGPアメリカズGP
アメリカズGPでMotoGPライダーがブレーキを使う回数は、1周あたり12回。これはアメリカズGPより1周が1.3km短いミサノ・アドリアティコと同じです。これは、マルコ・シモンチェリの名を冠したミサノ・サーキットよりも6秒長く、2021年のチャンピオンシップでは記録的な値となります。

Advertisement

コーナーのうち、4つのコーナーでは最大1.6秒、3つのコーナーでのみ4.5秒以上、ブレーキがかけられています。一方、100メートル(109ヤード)未満のブレーキングセクションは7箇所あり、いずれも減速度は1.1g(0.04オンス)を超えないようになっています。スタートからチェッカーフラッグまで、各ライダーがレバーにかける力は0.8トンで、ミサノGPよりも0.43少なくなっています。

300メートル(328ヤード)のブレーキング

サーキット・オブ・ジ・アメリカズにある12のブレーキングセクションのうち、3つはブレーキに厳しいセクション、4つは中程度の難易度、残りの5つはブレーキシステムへの負担が軽いセクションとなっています。
ブレンボが分析する 2021年MotoGPアメリカズGP
最も厳しいのはターン12で、バイクは時速339kmに達した後、6.2秒間ブレーキをかけ、時速66kmまで減速します。レバーを握る力は5.7kg、減速度は1.5G、ブレンボ製ブレーキフルード「HTC 64T」の圧力は12.2barに達し、317mの制動距離は世界記録となっています。

(Source: Brembo)

(Photo courtesy of Brembo)



MotoGPカテゴリの最新記事