MotoGP2021エミリア・ロマーニャGP バレンティーノ・ロッシ「終わりが近づいてくるのは悲しい」

MotoGP2021エミリア・ロマーニャGP バレンティーノ・ロッシ「終わりが近づいてくるのは悲しい」

バレンティーノ・ロッシは今回が地元イタリアで過ごす最後のレースとなり、残り3戦で現役を引退する。バレンティーノ・ロッシの引退は現実味が沸かないファンも多数いるはずだが、それは本人にとっても同様なようで、終わりが近づいてくるのは悲しいものだと語る。MotoGP2021オーストリアGP 初日総合 14位バレンティーノ・ロッシ「ビニャーレスのオンボード映像はもっと酷いものを想像していた」

Advertisement

常にファンと一緒に楽しんできた

バレンティーノ・ロッシ

「常に全力を尽くしてきましたし、ファンと共に多くのレースを楽しんできました。今回のレースをいれて残り3戦、それが終わると2戦という形で終わりに近づいています。終わるに近づいていくのは悲しいものですが、ファンと常に楽しみながらレースに向き合ってきたと思います。」

「チャンピオンシップではファビオは52ポイントのリードを保っており、出来る限り早めにタイトルを決めたいと思っているでしょうね。ペッコについては、初回のミサノ同様に、ポールポジション、最速ラップ、優勝を目指せと話しています。これ以上ペッコに言えることはありませんし、ファビオと素晴らしいバトルを展開してくれています。」

(Source: yamaha-racing)

(Photo courtesy of michelin)

MotoGPカテゴリの最新記事