ジャック・ミラーのコロナ陽性のためDucatiの体制発表が2月7日に延期

ジャック・ミラーのコロナ陽性のためDucatiの体制発表が2月7日に延期

ジャック・ミラーは1月19日(水)にCovid-19の陽性となった。症状は出ていないようだが、オーストラリアからヨーロッパへと戻ることが出来ないことから、2022年の公式写真撮影に間に合わなくなったという。ジャック・ミラーのコロナ陽性のためDucatiの体制発表が2月7日に延期

Advertisement
無症状であるミラーは、現在オーストラリアで自己隔離を行っており、来週には2回目のPCRテストを行う予定だ。これらの理由から、当初1月28日に予定されていた2022年ドゥカティ・レノボ・チームのチーム体制発表会は、2022年2月7日に延期されることになった。

なお、1月31日にはミケーレ・ピッロ、Ducatiチームはマレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットでMotoGP公式シェイクダウンテスト(1月31日~2月2日)に参加する。この場でDucati Lenovoチームのバイクの2022年カラーリングが発表される予定である。

セパンで皆に会いたい

ジャック・ミラー

「残念ながらCovid-19の陽性反応が出たため、ヨーロッパに行くことができなくなりました。今のところ自分はオーストラリアの自宅で元気にしています。症状は出ていないので、少なくともトレーニングは続けられる状況です。またセパンのテストで皆に会いたいですね。」

(Source: Ducati)

(Photo courtesy of Ducati)

MotoGPカテゴリの最新記事