マルク・マルケス アメリカで行った右上腕骨の手術が成功

マルク・マルケス アメリカで行った右上腕骨の手術が成功

スペインGP初日総合 20位マルク・マルケス「フィーリングがいいほうのバイクで転倒してしまった」マルク・マルケスはミネソタ州のメイヨ・クリニックで右上腕骨の手術を終えた。医療チームはマルケスの手術が成功したと判断している。ホアキン・サンチェス・ソテロ医師と彼のチームは、3時間かけて上腕骨の骨切り術を行った。

サンチェス・ソテロ医師は、マルク・マルケスがメイヨークリニックでの治療の術後段階に入り、合併症はなく手術は成功したと判断している。なお、マルケスは今後数日間アメリカに滞在し、スペインに戻って治療からリハビリを継続する。

Advertisement

サンチェス・ソテロ医師

「今日、我々はマルク・マルケスの右上腕骨を手術しました。手術はおよそ3時間で終了しています。手術の複雑さにもかかわらず、最終的な結果は満足のいくものだったと言えるでしょう。」

「手術は、2020年12月にサミュエル・アントゥーニャ医師が設置したプレート付近の2本のネジを除去、上腕骨の骨切り術を行っています。このような手術では、上腕骨を回転させるために横方向の切断を行います。」

「本日行った手術での外旋は約30度です。上腕骨はプレートと複数のスクリューを用いて新しい位置で安定しています。手術は問題なく終了しており、マルクの一刻も早い回復と復帰を願っています。」

(Photo courtesy of HRC)

MotoGPカテゴリの最新記事