★MotoGP2019 マイク・レイトナー「ダニは2019年にワイルドカード参戦しない」

ダニをテストライダーに迎えるKTMは来年はザルコ、ポル・エスパルガロの2人をファクトリーチームに、ハフィズ・シャーリン、ミゲル・オリヴェイラをサテライトチームのテック3に迎えます。ここにテストライダーとしてダニ・ペドロサ、ミカ・カリオが加わり、プロジェクトを大きく前進させることが期待されています。

Sponsored Link

「ミカとはMoto2時代から共に作業をしてきて、彼はバイクのベースセッティングを作り出すにあたって素晴らしい仕事をしてくれました。ただテストという意味においてはより経験豊富な選手が必要です。ダニとミカが開発を前進させてくれ、これがレースにおいて良い影響を与えてくれるでしょう。」

「ライダーの重量に関してはいろんな意見があってそれ自体は自由ですが、明確に言えることは、ダニはあのサイズで他のライバル達と互角以上に戦うために、すべての操作をものすごく正確に行う必要があるんです。そしてこれはテストライダーとして、そしてKTMにとっては実にポジテイブなサインだということです。」


「彼がホンダでバイクを開発していた時、彼より体格が大きいケーシーが乗っても、マルクが乗ってもすぐにスピードを発揮していました。つまりダニが素晴らしい仕事をしていたってことです。」

「来年KTMは素晴らしい才能を持った4名の選手を走らせ、そしてダニをテストライダーに迎えています。これがKTMにとっては大きなブーストとなるでしょう。また、来年ダニはワイルドカード参戦はしませんが、これは彼自身の決断で、KTMはそれを尊重したまでです。」

(Source: KTM)

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link