MotoGP2019 ポイントスタンディング(2019/11/04時点)

マレーシアGP終了後のポイントランキングをお届けする。1位マルク・マルケスは11番手スタートを物ともせずマレーシアで2位を獲得。オースティン以外の全レースで優勝、もしくは2位という記録をさらに伸ばし最終戦バレンシアに挑む。なお、マルク・マルケスはホルへ・ロレンソが保有していた年間18戦での最多獲得ポイントを更新して395ポイントを獲得している。

2位はDucatiのアンドレア・ドヴィツィオーゾ、3位マーべリック・ビニャーレス、4位アレックス・リンスとなる。リンスは最終戦でビニャーレスより8ポイント多く獲得すればランキング3位でシーズンを終了出来ることになる。

5位ダニーロ・ペトルッチ、6位ファビオ・クアルタラロ、7位バレンティーノ・ロッシ、8位ジャック・ミラー、9位カル・クラッチロー、10位フランコ・モルビデッリと続き、以下11位ポル・エスパルガロ、12位ジョアン・ミール、13位中上 貴晶、14位アレイシ・エスパルガロ、15位フランセスコ・バグナイア、16位アンドレア・イアンノーネ、17位ミゲル・オリヴェイラ、18位ヨハン・ザルコ、19位ホルへ・ロレンソ、20位ティト・ラバトとなっている。