カワサキ EICMAで2020年型Z650を発表

Z650

カワサキはEICMAで2020年型のZ650を発表した。エンジンは排ガス性能を向上、中低速粋のトルクも向上させている。タイヤはダンロップのSportmax Roadsport 2を採用し軽快なハンドリングを実現した。タンデムシートは再設計され、パッセンジャーの快適性が向上。新型のLEDヘッドライドの採用でシャープなスタイリングを実現しており、TFTカラーインストゥルメンタルパネルも嬉しい新装備だ。

Z650

Z650
Z650

Z650諸元

エンジン:水冷4ストローク4気筒エンジン
排気量:649cc
ボア x ストローク:83.0 x 60.0 mm
圧縮比:10.8:1
最高出力:50.2 kW {68 PS} / 8,000 rpm
最大トルク:64 Nm {6.5 kgfm} / 6,700 rpm
フレーム:トレリス ハイテンションスチール
フロントブレーキ:300mmダブルディスク/2ポッドキャリパー
リアブレーキ:220mmシングルディスク/1ポッドキャリパー
フロントサスペンション:41mm正立フォーク
リアサスペンション:ホリゾンタルバックリンク式
フロントタイヤサイズ:120/70ZR17M/C (58W)
リアタイヤサイズ:160/60ZR17M/C (69W)
全長:2,055mm
全幅:765mm
全高:1,065mm
シート高:790mm
ホイールベース:1,410mm
最低地上高:130mm
車重:187kg
燃料容量:15L
カラーリング:1. Metallic Spark Black、2. Candy Lime Green / Metallic Spark Black、3. Pearl Blizzard White / Metallic Spark Black

(Source: Kawasaki)

(Photo courtesy of Kawasaki)