ファウスト・グレシーニ「アプリリアは2022年からファクトリー体制でMotoGPに参戦する」

アレイシ・エスパルガロ

アプリリアのチームマネージャーを勤めるファウスト・グレシーニは、2022年にアプリリアとの契約終了を迎えた後、アプリリアは自前でファクトリー体制での参戦を開始すると予想している。

2022年からアプリリアは自前でファクトリー参戦する

ファウスト・グレシーニ

「アプリリアとの契約は2021年末で終了します。2022年からアプリリアは自前でファクトリー体制で参戦するでしょう。自分はアプリリア、他のサテライトチームとして続けることも可能ですし、他の道も模索することも可能です。いずれにしても話し合いが必要です。」

「昨年マッシモ・リヴォラがアプリリアにやってきたことは非常にポジティブで、グループ全体がこのプロジェクトを信じて動いています。プロジェクトへの先行投資も進んでいますし、もちろんいきなり結果が出るということは無いでしょうが、2020年は重要な1年になるでしょう。」

(Photo courtesy of michelin)