FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)ヘレス戦レース1 3位ラズガトリオグル「終盤にスライド量が増えてしまった」

トプラック・ラズガトリオグル

トプラック・ラズガトリオグルはレース1でジョナサン・レイ、スコット・レディングと優勝争いを展開。厳しい暑さで終盤にタイヤがスライドを始める中、後方から追い上げて来たチャズ・デイビスを退けて3位を獲得した。トプラック・ラズガトリオグル

最後にデイビスを抑えることが出来た

トプラック・ラズガトリオグル

「信じられないような暑さで全てのライダーにとって厳しいコンディションでした。優勝争いをしていたものの、終盤になってスライド量が多くなってしまいました。ベストを尽くして3位を獲得出来ましたが、これはチャンピオンシップ争いにおいて重要なポイントでした。」

トプラック・ラズガトリオグル
「最後はチャズ・デイビスとのバトルになりましたけど、ディフェンシブなライン取りで彼を抑えることが出来ました。練習走行を終えた段階ではバイクの仕上がりに満足していませんでしたが、そうした状況でも優勝争いが出来たのは良かったですね。明日も楽しみです。」

(Source: yamaha-racing)

(Photo courtesy of yamaha-racing)