エミリア・ロマーニャGP 予選12位 中上 貴晶「ミディアムではなくハードフロントになっていた」

中上 貴晶

チームとのミスコミュニケーションによって、ミディアムフロントのはずがハードフロントで走行、これが原因で2度も転倒となった中上。幸いにも体は無事だが、予選順位はQ2最下位、バイクもメイン、スペアの2台が壊れてしまった。気を取り直してレースではフロントを目指してもらいたい。中上 貴晶

2台のバイクが壊れてしまったのは残念

中上 貴晶

「FP4と予選で同じ箇所で転倒してしまいました。今週はミディアムフロントで作業していたんですが、チームとのコミニケーションでミスがあったようで、転倒した時はフロントにハードタイヤを履いていました。さらに予選に関してもミディアムを履くつもりがフロントにハードタイヤ履いていました。ありえないミスですのでチームとはしっかりとコミニケーションをとって今後どうしていくかを話し合う必要があります。」

「幸運にも体は無事ですが1時間の間に2度転倒して、2台のバイクが壊れてしまいましたから本当に残念です。ルチオにも申し訳なく思いますが、今はとにかくバイクを修理することが先決です。このような形でグリットに挑むのは不本意ではありますが仕方ありません。」

(Source: HRC)

(Photo courtesy of michelin)