エミリア・ロマーニャGP 3位ポル・エスパルガロ「思っていたよりも早くリアグリップが落ちた」

ポル・エスパルガロ

ハードフロント/ソフトリアを使用してレースに挑んだポル・エスパルガロは、レース序盤で高速ラップを記録してトップ集団とレースを展開した。後半はファビオ・クアルタラロに追いつかるもののディフェンシブな走行でファビオのミスを誘ったとも言えよう。先週亡くなった祖父のために表彰台を捧げることが出来た。
ポル・エスパルガロ

今回はレースを楽しみたかった

ポル・エスパルガロ

「リアタイヤの選択に関してはギャンブルだったと言えますが(ソフトリア)、今回はとにかくレースを楽しみたかったんです。思っていたよりも早めにリアタイヤのグリップが落ちてきてしまったのは計算外でしたけどね。」

「序盤は素晴らしいペースで走行することが出来てマーべリックを必死で追いました。レース後半はポジションを維持する戦いになりましたが、ファビオ・クアルタラロのペナルティーで3位を獲得しました。これはけして諦めなかった成果でしょう。」
ポル・エスパルガロ

(Source: KTM)

(Photo courtesy of michelin)