MotoGP 第16戦が予定されていたタイGPが中止となる見通し

MotoGP 第16戦が予定されていたタイGPが中止となる見通し

MotoGP第16戦が予定されていたタイGPの中止の見通しタイ国内の報道によると、タイ政府は今年10月10日に予定されているMotoGP タイGPの開催中止を決定したようだ。2021年のMotoGPは既にアメリカとアルゼンチンの延期、カタールでの2連戦に続く3戦目としてポルトガル戦が予定されているが、10月3日の日本GPから予定されているアジア、オセアニアラウンドの中でタイが欠けることとなる。

現在ドルナスポーツからの正式発表はないが、近いうちにタイGPの中止、それに伴う新しい暫定開催カレンダーがアップデートされるはずだ。

Advertisement
MotoGP第16戦が予定されていたタイGPの中止の見通し
2021年も開催スケジュールどおりに開催は難しいと予想されており、Moto2、Moto3のプレシーズンテストがカタールで開催されると発表されたものの、開催まではまだ1ヶ月あるわけで、その間に再度開催スケジュールに変更が加えられる可能性もある。

現在の暫定スケジュールは年間19戦だが、第16戦として予定されていたタイGPが中止となったことで、現時点で年間18戦、さらに今までリザーブドサーキットとなっていたロシアのイゴラ・ドライブがリザーブドではなくなり、今までリザーブドサーキットだったポルトガルが第3戦となったことで、残るリザーブドサーキットはホモロゲーション取得予定のインドネシアのマンダリカ・ストリート・サーキットのみとなった。

Advertisement
MotoGP第16戦が予定されていたタイGPの中止の見通し
チェコGPでの世界選手権開催は当面難しいと、ブルノサーキットが発表していることもあり、おそらく2021年のMotoGPは年間18戦で開催される、もしくは2020年のようにダブルヘッダー(2連戦)がどこかのサーキットで追加となる可能性もあるだろう。2021年の開幕まで、スケジュールについてはまだまだ変わる可能性がありそうだ。
MotoGP第16戦が予定されていたタイGPの中止の見通しMotoGP第16戦が予定されていたタイGPの中止の見通し

(Photo courtesy of michelin)

MotoGPカテゴリの最新記事