MotoGP2021 チャンピオンシップスタンディング (第2戦 終了時点)

MotoGP2021 チャンピオンシップスタンディング (第2戦 終了時点)

ドーハGP優勝 ファビオ・クアルタラロ「今回の優勝は戦略をしっかり練って掴んだもの」カタールでの2連戦を終えた時点でのMotoGPチャンピオンシップスタンディング、コンストラクターズスタンディング、チームスタンディングだ。

MotoGPチャンピオンシップスタンディング

チャンピオンシップスタンディング首位はPramacのヨハン・ザルコ、2位、3位にファビオ・クアルタラロ、マーべリック・ビニャーレスが並ぶ。4位はフランセスコ・バグナイア、5位にスズキのアレックス・リンス、6位ジョアン・ミール、7位はルーキーのホルヘ・マルティン、8位アレイシ・エスパルガロ、9位ジャック・ミラー、10位ポル・エスパルガロだ。
MotoGPチャンピオンシップスタンディング

MotoGPチームスタンディング

チーム別で見るとそれぞれのライダーが1勝を上げたモンスターエナジー・ヤマハ(Monster Energy Yamaha)が首位、2位にPramacレーシング、3位にTeam SUZUKI ECSTAR(チーム・スズキ・エクスター)となっている。ロッシ、フランコ・モルビデッリ共に不調のペトロナス・ヤマハ・SRTが最下位だ。
MotoGPコンストラクターズスタンディング

MotoGPコンストラクターズスタンディング

コンストラクターズ別に見ると開幕から2連勝のヤマハが首位、Ducatiが2位、3位スズキとなっている。なお、カタールではタイヤとの相性が悪かったKTM、ホンダは苦戦、アプリリアの後塵を拝する形となっている。

MotoGPチームスタンディング

MotoGPカテゴリの最新記事