ドイツGP予選4位 ジャック・ミラー「重要なのは序盤にリアタイヤにストレスを与えないこと」

ドイツGP予選4位 ジャック・ミラー「重要なのは序盤にリアタイヤにストレスを与えないこと」

イエローフラッグでまともにタイムアタックが出来ていないジャック・ミラーは、それでも4番手。タイムアタック出来ていればポールポジション争いに絡むスピードはあっただろう。しかし得意のスタートで巻き返していきたいと語り、レース序盤でタイヤを摩耗しないことが、後半戦に向けて重要だと語る。

Advertisement
ドイツGP予選4位 ジャック・ミラー「重要なのは序盤にリアタイヤにストレスを与えないこと」

スタートで巻き返したい

ジャック・ミラー

「最後のアタックがまったく出来ない予選でした。最初はヨハン、2本目のタイヤはタカのイエローフラッグのせいでまともにタイムアタック出来ていません。良い形で走行は出来ていますから、重要なのはそれをしっかりとレースで組み合わせて走ることです。明日は多くの選手がミディアムタイヤを選択するようですし、ペースを発揮したいですね。」

Advertisement
ドイツGP予選4位 ジャック・ミラー「重要なのは序盤にリアタイヤにストレスを与えないこと」
「ペースに関しては最速の選手の1人でしょう。もちろんファビオ・クアルタラロ、ミゲル・オリヴェイラが圧倒的なペースではありますけどね。2列目スタートは悪くありません。そこからスタートで巻き返したいと思っていますよ。何よりも明日重要なのはレース序盤にリアタイヤにストレスを与えないようにすることでしょう。それが出来ればレース後半に効いてくるはずです。」

(Photo courtesy of michelin)

MotoGPカテゴリの最新記事