MotoGP2021スティリアGP 予選4位ジャック・ミラー「2回目のアタックでプッシュしすぎた」

MotoGP2021スティリアGP 予選4位ジャック・ミラー「2回目のアタックでプッシュしすぎた」

ジャック・ミラーは予選を4番手とし、悪くない位置ながらプッシュしすぎたことを悔やんでいる。ストレートと強烈なブレーキングが特徴のトラックだが、そうした作りだからこそ、正確な走りがひ必要になるとのこと。MotoGP2021スティリアGP 予選4位ジャック・ミラー「2回目のアタックでプッシュしすぎた」

Advertisement

正確に走る必要がある

ジャック・ミラー

「いろいろなテストをしていましたから、FP4ではレースに向けてしっかりと集中して作業が出来ました。予選では良い走行が出来たんですが、2回目のアタックで少しプッシュしすぎてしまったんですよね。このトラックではブレーキングを開始する位置が、速すぎても遅すぎても駄目です。ブレーキングの後にしっかりと速度を載せていく必要がありますからね。」MotoGP2021スティリアGP 予選4位ジャック・ミラー「2回目のアタックでプッシュしすぎた」

「特にターン1から3は上り坂なので、こういった部分がシビアです。明日は天候がどうなるかわかりませんが、良いスタートを決めていきたいと思います。ウェットでも良い走行が出来ていますが、ドライでも何をすれば良いか理解出来ていると思いますよ。」

(Source: Ducati)

(Photo courtesy of michelin)

MotoGPカテゴリの最新記事