FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)チェコ戦 レース1で優勝したのはトプラック・ラズガトリオグル

FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)チェコ戦 レース1で優勝したのはトプラック・ラズガトリオグル

チェコで開催されたFIM スーパーバイク世界選手権(SBK)のレース1で優勝したいのはトプラック・ラズガトリオグルだった。レースがスタートするとトプラック・ラズガトリオグルホールショットを奪ってレースをリード。その後ろにはジョナサン・レイ、スコット・レディング、マイケル・ルーベン・リナルディが続いた。
FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)チェコ戦 レース1で優勝したのはトプラック・ラズガトリオグル
ジョナサン・レイは2周目のターン18でトプラック・ラズガトリオグルをオーバーテイクするもオーバーラン、これでスコット・レディングが2位に浮上。ジョナサン・レイはその後も追いすがるも14周目にターン1で転倒、その後もターン20で転倒しリタイア。

優勝はトプラック・ラズガトリオグル、2位スコット・レディング、3位ロカテッリとなった。4位マイケル・ルーベン・リナルディ、5位バッサーニ、6位ギャレット・ガーロフ、7位アルヴァロ・バウティスタ、8位レオン・ハスラム、9位トム・サイクス、10位マーヴィン・フリッツとなった。

スーパーバイク世界選手権カテゴリの最新記事