SBK2019 ポイントスタンディング(2019/07/08時点)

SBK第8戦ドニントン・パーク終了時点のポイントスタンディングです。1位は遂に今回ホームGPでチャンピオンシップトップに立ったジョナサン・レイ、2位は今回も転倒によって貴重なポイントを失ったアルヴァロ・バウティスタ。今回レイはホームレースでハットトリックを達成してバウティスタに大きく差をつけました。

3位マイケル・ファン・デル・マーク、4位アレックス・ロウズ、5位ハスラム、6位ラズガトリオグル、7位サイクス、8位デイビス、9位メランドリ、10位コルテセとなりました。

バウティスタはMotoGPで走行していないドニントン・パークそして雨というコンディションでハンデがあったとは言え、これから先もMotoGPで走行していないトラックでのレースが続きますので、こうしたトラックでまずは転倒しないこと。そしてなるべくレイにポイント上で離されないように走っていくことが求められます。