鈴鹿8耐 2019 トップ10トライアルキャンセルでポールポジションはYamaha Factory Racing Team

雨天により、第2回目の練習走行、トップ10トライアルがキャンセルとなった鈴鹿8耐。これにより、スターティンググリッドは予選結果がそのまま反映されることとなった。これによってポールポジションとなったのはYamaha Factory Racing Teamだ。そして2番手からKawasaki Racing Team、3番手にRed Bull Hondaとなり、綺麗に3メーカーが別れてスタートすることとなる。

YART YamahaとF.C.C. TSR Honda Franceは、6位、7位からのスタートとなる。タイトル争いがかかるF.C.C. TSR Honda Franceとしては、トップ10トライアルがキャンセルとなったことで、ここで獲得出来る可能性があったエクストラポイントを獲得することが出来ない形となった。

タイトル争いをしているチームとしては、現在ランキング1位のTeam SRC Kawasaki Franceが14番手スタート、Suzuki Endurance Racing Teamが17番手スタートとなる。なお、明日の鈴鹿8耐の予報は曇りで、降水確率は20%程度だ。第42回鈴鹿8耐は、明日の11:30にスタートする。