ヘレステスト2日目 2位リンス「昨日よりラップタイムを改善出来た」

スズキのアレックス・リンスはヘレス2日目でトータル24周を走行して2番手タイムを記憶した。テスト全体を通じてドライで出走出来たのは2回のみと語るが、全体的なペースには満足しているとのこと。ラップタイムに関しても改善しており、セパンで来年のエンジンの仕上がりをチェックすることになる。

バレンシアに続いてスピードを発揮したスズキ

スズキはミールと共にリンスがバレンシアに引き続いてヘレスでもスピードを発揮した。全体的な仕上がりの良さももちろんだが、2020年エンジンのプロトタイプもしっかりと性能が出ているようだ。バランスの良さが強みのスズキにモアパワーが加わればライバルにとっても相当手強いバイクだ。

アレックス・リンス

「この2日間はいろいろな内容を確認することが出来ました。新しいエンジンに関しても満足しています。ドライでは2回しか走行出来なかったものの、ペースには満足しています。昨日よりもラップタイムを改善することも出来ています。38秒台前半では3周、4周ほど、そして最速タイムは1:37.837ですが、良い感触でした。この後は冬休みに入り、来年フレッシュな気持ちでシーズンに挑みたいですね。」

(Source: suzuki-racing)

(Photo courtesy of suzuki-racing)