フィリップアイランド戦レース2 3位スコット・レディング「初ラウンドにしては悪くない結果」

スコット・レディング

フィリップアイランドで開幕戦を迎えたFIM スーパーバイク世界選手権(SBK)において、デビュー戦を迎えたスコット・レディングはレース1、スーパーポールレース、レース2をそれぞれ3位で終え、チャンピオンシップ2位となった。昨年圧倒的なスピードだったDucatiとアルヴァロ・バウティスタだが、体重が重いレディングにとってトップスピード競争はどうしても不利だ。それ以外の総合力で獲得した表彰台だと言えよう。
スコット・レディング

3回表彰台獲得に関して文句は言えない

スコット・レディング

「3回表彰台を獲得出来たんですからこれ以上言うことはありません。2度は優勝ライダーから0.1秒以内でしたしね。SBK初ラウンドにしては悪くないでしょう。チームの素晴らしい作業に感謝です。こうやって良いスタートをするということが非常に重要ですからね。トップスピードに関しては足りない部分がありますが、自分よりも体重が軽いアルヴァロとの比較は意味がないでしょう。」
スコット・レディング
(Source: Ducati)

(Photo courtesy of Ducati)