カルメロ・エスペレーター「年間10戦出来れば上出来、2020年シーズン自体のキャンセルもあり得る」

ドルナスポーツCEOのカルメロ・エスペレーターは、2020年のチャンピオンシップについて10戦出来れば上出来、最悪の場合は2020年のチャンピオンシップ自体のキャンセルも検討が必要だと語る。世界中で続くコロナウイルスのスポーツ、日常生活への影響は甚大で、ウイルスの自然収束もしくはワクチンの開発が完了しないことには、大規模なイベントの開催が難しい状況は変わらないだろう。

カルメロ・エスペレーター

「FIMとの契約では少なくとも通常のコンディションにおいては年間13戦を行う必要がありますが、現状はそれに当てはまりません。FIMとの話会いの中では、レースが開催可能な時に可能な数だけレースをするということになっています。今の状況を考えると、今年年間で10戦出来たとしたら上出来でしょう。

「年間10戦以上を開催したい思っていますが、この状況で10戦出来たとしたら既に状況は良くなっているということですね。常に人々の安全と健康が第一です。レースはそれ以上重要なものではありませんから。」

最悪のケースとしては2020年のチャンピオンシップ自体をキャンセルするという可能性もあります。まだ時間はありますからじっくりと考えることが必要でしょう。」

(Photo courtesy of michelin)