ドルナCEO カルメロ・エスペレーター「2021年にレプソル・ホンダが3台体制となることはありえない。」

マルク・マルケス

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、3度目の右腕上腕の手術を行い、2021年シーズン開幕戦への参戦が危ぶまれている。このニュースを受けて、過去レプソル・ホンダが2011年にケーシー・ストーナー、ダニ・ペドロサ、アンドレア・ドヴィツィオーゾの3台体制でMotoGPに参戦したことから、2021年にレプソル・ホンダがドヴィツィオーゾを獲得して、マルク・マルケス、ポル・エスパルガロに加え、3台体制では知らせるのでは?という話が出ていた。しかし、ドルナCEOのカルメロ・エスペレーターは、この可能性を即座に否定している。

各チームが走らせられるバイクは2台まで

カルメロ・エスペレーター

「レプソル・ホンダの3台体制での参戦は有りえません。1チームあたり2台以上のバイクを参戦させることは出来ません。ホンダはレプソルチームで2台、LCRで2台の参戦枠が与えられているということです。ですから、ドヴィツィオーゾを獲得してレプソル・ホンダで3台目のバイクを走らせることは出来ません。」

2021年シーズンのプレシーズンテストは2月にセパンで開催されるが、おそらくマルク・マルケスとチームは腕を完全に回復させることを優先させて、テスト参加は見送る可能性が高い。2021年シーズン開幕戦は3月28日にカタールで行われるが、マルクがここに間に合わせてくるか、開幕戦を棄権することになるか、2021年も開幕から波乱のシーズンとなりそうだ。

(Source: dorna)

(Photo courtesy of HRC)