ドルナCEO カルメロ・エスペレーター「ワクチンが完成しない限り、チャンピオンシップ開催は不可能」

ドルナスポーツCEOのカルメロ・エスペレーターは、新型コロナウイルスのワクチン開発が完了しない限り、チャンピオンシップの開始は出来ないだろうと語る。さらに最悪の自体としては2020年シーズン全体をキャンセルする可能性もあるとの認識を示している。

ワクチンが完成しない限り、チャンピオンシップ開催は不可能

カルメロ・エスペレーター

新型コロナウイルスの感染拡大をストップするためのワクチンが開発されない限り、チャンピオンシップを開催したり、他のメジャーイベントの開催は不可能だと思います。ワクチンなしでは日常生活を取り戻すのは不可能でしょうし、各国での渡航制限も解除とならないでしょう。つまりフットボールの試合やMotoGPを観戦することは当面出来ないということです。」

2020年シーズンが開催可能かどうかはわからない

率直に申し上げて2020年シーズンを開催出来るかどうかわかりません。懸命に作業を続けていますが、あらゆるシナリオを想定する必要があります。年間13戦を下回ったとしても、ワールドチャンピオンを決定することは可能ですから、もしチャンピオンシップをスタート出来る時が来たら、開催可能なレース数に関係なくチャンピオンシップを開催します。

「9月までにはまだ5ヶ月あります。もし9月にチャンピオンシップを開催出来た場合、少なくとも4戦から5戦は開催が可能でしょう。そうなった場合、ヨーロッパで数戦開催した後、アジアで数戦開催することになるかもしれません。勿論これは世界規模で状況がどうなるかにもよってきます。開催に向けてグリーン・ライトが灯った瞬間に我々は動きだし、今シーズン開催可能なレースを出来る限り開催していきます。

「しかしチャンピオンシップの中で誰かが新型コロナウイルスに感染してしまった場合、我々は未来永劫その責任を問われるでしょう。2020年にチャンピオンシップを開催出来ないとしても生きていくことは出来ます。この最悪のシナリオが訪れた場合、2021年シーズンに向けて順序だって準備を進めていくことになるでしょう。現時点では2020年に各チームを財政的に支えることが喫緊の課題です。もし年間1戦も開催出来なかったとしても、各チームには毎月補助金を支給していきます。」

(Source: dorna sports)

(Photo courtesy of michelin)