★ル・マン24時間耐久 8時間の時点でヤマハ2チームがレースをリード

ル・マン24時間耐久レースですが、8時間経過時点でのトップ3はYARTヤマハオフィシャルEWCチーム、GMT94ヤマハ、チームSRCカワサキとなっています。(※現在の10時間時点でも順位は変わらず)途中まで3位を走っていたスズキ・エンデュランス・レーシング・チームはランオフが2回あったことによって順位を大きく落としています。

Sponsored Link


ル・マン24時間レースにおいて、YARTヤマハオフィシャルEWCチームが現在もリードを続けており、GMT94ヤマハが僅差で2位となっている。チームSRCカワサキが現在3位。スズキ・エンデュランス・レーシング・チームは数回ランオフした事によって順位を落としている。

レース開始よりヤマハのファクトリー2チームがレースをリードしている。YARTヤマハオフィシャルEWCチームがレース開始時点から8時間の10ポイントのボーナスを獲得している。オーストリアをベースとするこのチームが260周近くもレースをリードしていることを考えると、これは妥当だろう。

フランスをベースとするGMT94ヤマハは9ポイントを獲得。ランディ・ド・プニエの転倒の後、チームカワサキSRCは3位に返り咲き、リーダーから3ラップ遅れとなっている。

スーパーストック1位のヤマハViltaïs Experiencesは素晴らしいパフォーマンスを発揮し、8時間が経過した時点で4位となっている。

F.C.C. TSRホンダはトップから5周遅れ、2度のランオフがあったスズキ・エンデュランス・レーシング・チームがその後に続いている。

スーパーストックのTati Team Beaujolais Racing、Junior Team LMS Suzuki、Moto Ain CRTがBolliger Team Switzerlandの前を走っており、これらが8時間経過時点のトップ10だ。次のボーナスポイントはレース開始から16時間が経過した時点の午前7時に与えられる。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト2日目 ロッシ「ようやくフロントに良い感触を感じることが出来た」
★MotoGP2017カタールGP ヨハン・ザルコ「こうした転倒もレッスンの一部」
★MotoGP2017 今週末のアルゼンチンGPで350戦目を迎えるロッシ
★MotoGP2017アメリカGP ロッシ「ビニャーレスが初めからここまで速いのには驚いた」
★MotoGP2017アメリカGP Q2結果
★MotoGP2017アメリカGP5位 ザルコ「表彰台は手が届くところにある」
★MotoGP2017ヘレスGP ザルコ「ヘレスで、バイクをどのようにコントロール出来るか楽しみ」
★MotoGP2017ヘレスGP ロッシ「今週も最大の力で良いレースをしたい」
★MotoGP2017ヘレステスト初日 ビニャーレス「レースと全く違う結果だった」 
★MotoGP2017ロッシ 病院を退院し自宅で静養
★MotoGP2017カタルーニャGP 8位ロッシ「10周でスローダウンせざるを得なかった」
★MotoGP2017ドイツGP ザルコ「夏休み前に再度表彰台を獲得出来れば最高」
★MotoGP2017ドイツGP ロッシ「新品タイヤでのフロントのフィーリングが課題」
★MotoGP2017チェコGP ロッシ「ポジションは良くないがバイクのフィーリングが悪くない」
★MotoGP2017イギリスGP 予選2位ロッシ「レースペースは良いとは言えない」
★MotoGP2017サンマリノGP ロッシ「既に理学療法をスタートしている」
★MotoGP2017アラゴンGP ロッシの代役としてマイケル・ファン・デル・マークが参戦
★MotoGP2017日本GP テック3ヤマハ 急遽欠場のフォルガーの代役に野左根 航汰を起用
★MotoGP2017オーストラリアGP 4位ザルコ「マレーシアでも優勝を狙っていく」
★MotoGP2018バレンシアテスト2日目 ロッシ「ヤマハはやるべきことが沢山ある」