★SdKfz 2 Kettenkrad(ケッテンクラート)のレストア車両がオークションに登場

ドイツ軍が使用していたケッテンクラートについては、なんとなく知っている方もいるでしょうし、ミリタリー好きの方なら間違いなく知っている車両でしょう。バイクに分類して良いのかどうか微妙な車両ですが、Bonhamsのオークションにフルレストア車が出品されるとのこと。

ドイツ軍によって設計されたSdKfz 2は、Kettenkrad(ケッテンクラート)としてより良く知られている。これは東部戦線や北アフリカの砂漠で非常に良く利用された無限軌道のモーターサイクルだ。そしてこの車両は、第二次世界大戦時の最も移動速度の速い無限軌道車両として知られている。
Sponsored Link

SdKfz 2ケッテンクラートの話

80km/hというトップスピードはあまり大した事が無いように思えるかもしれない。だが、どれだけスムーズな路面で走ったとしても、歯がゆるくなるほどの振動を発生する。実際、ドイツ国防軍は70km/hを制限速度としていた。SdKfz 2ケッテンクラートは元々は早期展開出来るようにユンカースJu 52輸送機に収まるように設計された。ただ、明らかな理由によってパラシュートでの展開は行われなかった。


その他の無限軌道車両と比較すると羽のように軽いとは言え、バイクとして考えると軽くはなかったのだ。ドイツ軍はケッテンクラートを糖蜜のようなロシアの泥、もしくはサハラ砂漠の砂の上での兵員輸送の手段として使用した。その他には銃の輸送、ケーブル敷設、ドイツ空軍の牽引車両として使用した。通常はメッサーシュミット Me262、たまにアラドAr234の牽引に使用された。空軍による使用は、戦争後期に航空燃料が少なくなってくるとより一般的になった。ケッテンクラートは航空機をランウェイまで引いていくのに使用され、誘導路で飛行機が燃料を浪費するということを少なくした。


設計者達は1478ccの水冷直列4気筒エンジンをオペルOlympiaから使用。これによって使用パーツを簡素化し、メカニックに必要なトレーニングも最小限で済んだ。また元々生産しているエンジンであったために、新たに生産のための準備が必要無かったのだ。馬力は36馬力でオペルのエンジンは3速トランスミッションとフットクラッチ、スティックシフトという構成だった。これは高速、低速レンジの切り替えが付いていた。つまり合計すると6速となる。低速レンジの場合、ケッテンクラートは24°の砂地も登ることが出来たという。


ケッテンクラートについて良く聞かれる内容はステアリングについてだ。このバイクのフロントは方向を変える上で特に意味が無いように思える。しかし、これが驚くほどに有効なのだ。ハンドルバーをロックポジションまで持っていき、片側の無限軌道の速度を落とすことで、厚い泥、砂の上でもタイトな方向転換が可能となる。いくつかのケッテンクラートは前輪を取り払ったものもあり、そうした車両は無限軌道の片側のブレーキだけで旋回する。(※構造上超信地旋回は出来ないようです。)


生産が終わる1944年までには8,345台が製造された。戦後、武装を解く中でほとんどの車両はスクラップとなった。残った数台はコレクターによって収集され、一体何台のケッテンクラートが現代まで生き残っているのかについては定かでは無い。

この車両について

今回撮影に使用しているSdKfz 2ケッテンクラートは、1944年の最終生産型だ。この個体については少しの歴史があるが、戦後ドイツ森林委員会によって使用されていた。この車両はベルギーのオーナーからレストアプロジェクトで買い取られ、2011年から2015年にかけて、ボルト1本に至るまで交換を受けている。エンジンはフルレストアされ、ギアボックスを含めドライブトレイン、ディファレンシャル、ファイナルドライブもリビルドされている。


レストアには多額の費用がかかり、オリジナルの6ボルト仕様に関する写真を含め250枚を超える写真が撮影された。なお、レストアには合計で10時間がかかっている。この車両は5月19日にBonhamsのオークションに出品が予定されており、その想定落札価格は60,000〜80,000ポンド(約845万〜1126万)だ。もし興味があって、競りに参加したい場合はこちらから

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★スズキ 大阪モーターサイクルショー/東京モーターサイクルショーの出品概要を発表
★ヤマハ 大阪モーターサイクルショー/東京モーターサイクルショーの出品概要を発表
★アロー(Arrow) 2017年型GSX-R1000/R1000R用のエキゾーストシステムを発売
★ストリートトリプル デビューフェア
★ブレンボのアルベルト・ボンバッセイ会長、栄誉ある自動車殿堂入りを果たす
★世界屈指のスクーター大国で大台を達成 台湾での二輪車生産累計台数1,000万台について
★ハーレーダビッドソン 2017年第一四半期の売上高は昨年比4.2%減少
★最新デザインの世界戦略フラッグシップストアー、トライアンフ東京が5月1日(月)にオープン!
★KUSHITANI FIT&RIDE 2017~二輪の最新を体感できるイベントをNEOPASA清水で開催~
★プレストコーポレーション XT1200ZE フルパニアセット購入支援キャンペーン
★BMWモトラッド 新ウェブサイトを公開(まずはドイツと南アフリカから)
★BMW MOTORRADを、知る、楽しむ、体験する、特別な2日間「BMW MOTORRAD DAYS JAPAN 2017」開催概要
★ニッキー・ヘイデンの事故発生時の現場映像を地元警察が入手
★ヘイデン一家 ヘイデン選手の意志に基づき、臓器提供に同意
★Red Bull ホンダ ワールドスーパーバイクチーム ヘイデン選手へのお別れの言葉
★スーパーバイク世界選手権2017 ドニントンパーク戦のブレーキングをブレンボが徹底解説
★ヘイデン一家 正式にヘイデン選手の訃報を発表
★ヘイデン選手の地元オーエンズボロでヘイデン選手の葬儀が執り行われる。
★マン島TT2017 月曜の予選セッションも悪天候によりキャンセル
★Laverda(ラベルダ)博物館のバイク全81台を手に入れるチャンス