★MotoGP2017 4/26時点でのポイントスタンディング

アメリカGPが終わった時点でのMotoGPのポイントスタンディングです。

アメリカGPでビニャーレス選手の転倒によって一気にトップに立ったのはヴァレンティーノ・ロッシ選手。グラフを見てもわかるように、ポイントスタンディング上位7名の選手の中で、唯一3戦で転倒をせず、なおかつ全てのラウンドで表彰台を獲得しています。

Sponsored Link

2位はアメリカGPでまさかの転倒となったビニャーレス選手。開幕2連勝していたこと、トップ7位までの選手がそれぞれ1回づつ転倒をしているため、転倒の後もランキング2位を維持しています。

3位はアメリカGPで5連勝を果たし、一気にチャンピオンシップ争いに返り咲いたマルケス選手。まだまだヤマハ勢との差はありますが、今後優勝数を増やしていけばその差を縮める事が出来るでしょう。

4位はアルゼンチンGPで巻き添えを食らってリタイアとなったドヴィツィオーゾ選手。あの転倒さえなければ、今頃はランキング3位にはいたと言えるでしょう。

5位はクラッチロー選手、6位にペドロサ選手。それぞれカタール、アルゼンチンでのノーポイントが響いています。7位は開幕戦で話題をさらったザルコ選手。8位にはフォルガー選手、ミラー選手、レディング選手が合計21ポイントで並んでいます。

なお、次回の第4戦ヘレスGPは5/5から開催されます。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017アルゼンチンGP ミラー「今年の目標は10位以内で完走すること」
★MotoGP2017 ミケーレ・ピッロ「ロレンソの仕上がり具合はオースティンでわかる」
★MotoGP2017アメリカGP ザルコ「レースに備えつつプッシュが必要な時はプッシュ出来る」
★MotoGP2017ヘレスGP 予選6位ザルコ「6位はレースに向けて完璧な位置」
★MotoGP2017 マックス・ビアッジ「ロッシの最大の敵は時間」
★Eskil Suter 「MMX500はMotoGPマシンとも互角に戦える」
★MotoGP2017 サム・ローズ「新カウルのウイリー抑止効果は高い」
★MotoGP2017イタリアGP ニッキー・ヘイデン選手のチャンピオンシップ優勝マシン「RC211V」などを特別展示
★MotoGP2017イタリアGP フォルガー「初めてのムジェロで自信を持って走行出来ている」
★MotoGP2017イタリアGP Q1結果
★MotoGP2017イタリアGP ドヴィツィオーゾ「チャンピオンシップ争いをするのは難しい」
★MotoGP2017イタリアGP ビニャーレス「頭を使って走る必要がある」
★MotoGP2017アプリリア ロマーノ・アルベシアーノ「新しいフェアリングは明らかに利点がある」
★MotoGP2017チェコGP ドヴィツィオーゾ「チャンピオンシップ争いに参加するにしても気分はリラックスしている」
★MotoGP2017チェコGP 写真ギャラリー
★MotoGP2017ブルノテスト ペドロサ「セットアップに集中。ポジティブな1日だった」
★MotoGP2017オーストリアGP 予選3位ロレンソ「ブレーキングを改善して優勝を狙いたい」
★スコット・レディング 2018年よりサム・ロウズの後任としてアプリリアから参戦
★MotoGP2017イギリスGP レッドブル・リンクでの雪辱を果たすことを誓うアプリリア
★NTS 福島県拠点の 「NTS」 とオランダの 「RW レーシング」FIM 世界選手権グランプリ Moto2 共同参戦契約を締結!