MotoGP2019アラゴンGP 4位ビニャーレス「最後までプッシュしたせいでタイヤが限界だった」

2位獲得が出来ると思っていたマーべリック・ビニャーレスだったが、プッシュし続けたことでタイヤが限界を迎え、ドヴィツィオーゾ、ミラーに抜かれて4位となった。ラップタイム自体はコンスタントだったが、最後までプッシュせずに表彰台を獲得する方法もあったのでは?と思うが、ヤマハライダーとして最高位でレースを終えている。

マーべリック・ビニャーレス

「今日は2位は獲得出来ると思っていたので、とにかくプッシュしてプッシュして、最後までプッシュを続けました。そのせいでタイヤが限界だったんです。ベストを尽くして走りましたし、2度か3度転倒しそうになりました。リアタイヤが限界で途中から今日は4位で仕方ないと思っていました。これが限界の走りでした。」

「ただレース中盤にスピードを発揮できたことは嬉しかったですね。最後に十分なグリップが残っていませんでしたが、それでもヤマハ最速であったことは事実ですし、これが重要なことです。ドヴィツィオーゾに対してあらゆるところで前に行かれないようにしていましたが、ストレートでは打つ手がありませんでした。」

(Source: yamaha-racing)

(Photo courtesy of michelin)