MotoGP2020チャンピオンシップ・スタンディング (8/23時点)

スティリアGPを終えた時点でのチャンピオンシップスタンディングだ。1位はファビオ・クアルタラロで総合70ポイント。2位はドヴィツィオーゾでその差僅か3ポイントとなった。3位はジャック・ミラー、4位ブラッド・ビンダー、5位マーべリック・ビニャーレスとなっている。

中上 貴晶は現在6位、バレンティーノ・ロッシ7位、ジョアン・ミール8位、今回優勝したミゲル・オリヴェイラが9位、ポル・エスパルガロが10位、11位フランコ・モルビデッリ、12位ヨハン・ザルコ、13位アレックス・リンス、14位ダニーロ・ペトルッチ、15位アレックス・マルケス、16位アレイシ・エスパルガロ、17位イケル・レクオーナ、18位フランセスコ・バグナイア、19位ブラッドリー・スミス、20位カル・クラッチロー、21位ティト・ラバト、22位ミケーレ・ピッロとなった。

マルク・マルケスは今シーズンの参戦はない可能性も出てきており、2020年シーズンは、ほぼ間違いなくマルク・マルケス以外のチャンピオンが誕生するシーズンとなる。現在1位のファビオ・クアルタラロがチャンピオンとなればサテライトチームからのチャンピオン誕生となり、ドヴィツィオーゾがチャンピオンとなれば、Ducatiとドヴィツィオーゾにとっても悲願のチャンピオンシップ優勝となる。その他にもジャック・ミラー、ブラッド・ビンダー、マーべリック・ビニャーレスなどが接近している状況だ。