★MotoGP2017イタリアGP 決勝レース結果

イタリアGPのレース結果です。優勝したのはMotoGP3勝目となるドヴィツィオーゾ選手。レース前に食中毒に苦しんでおりウォームアップも走れない状況でしたが、その中で地元で優勝を飾りました。2位にはチャンピオンシップシップのリードをさらに広げたビニャーレス選手。3位はドライでのMotoGP初の表彰台を獲得したペトルッチ選手でした。

Sponsored Link

レースはロッシ選手が抜群のスタートでホールショットを奪います。さらに1周目の終わりのホームストレートでロレンソ選手がストレートを利用して前に出て、一時トップに立ちます。

その後残り10周の段階でドヴィツィオーゾ選手がトップに立ちレースをリード。ペトルッチ選手は残り8周でロッシ選手を抜いて2位に浮上。

最終ラップにターン10でペドロサ選手がクラッチロー選手のインに飛び込んで転倒。クラッチロー選手を巻き添えに転倒します。アレイシ・エスパルガロ選手はジャンプスタートを取られて、ピットスルーペナルティーを受け、その後リタイアとなります。

なお、ムジェロでイタリア人が優勝したのは2008年以来、なおDucatiが優勝したのは2009年のストーナー選手以来となりました。

4位は表彰台を逃してしまったロッシ選手、5位バウティスタ選手、6位マルケス選手、7位ザルコ選手、8位はロッシ選手に抜かれた後後退を続けたロレンソ選手、9位ピッロ選手、10位イアンノーネ選手となりました。

今回有力選手のタイヤチョイスはモビスターヤマハの2人がハード/ハード、ザルコ選手はソフト/ハード、クラッチロー、マルケス選手はミディアム/ミディアム、Ducatiファクトリーの2人もミディアム/ミディアム、ペドロサ選手はハード/ミディアムでした。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP ロレンソ「上手くいけば1列目か2列目は獲得出来るはず」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペトルッチ「トップ8獲得が目標」
★MotoGP2017アメリカGP マルケスのスペシャルヘルメット”GiveMe5”
★MotoGP2017アメリカGP9位 ロレンソ「フィーリングとペースが向上した」
★MotoGP2017ヘレスGP Q2結果
★MotoGP2017ヘレスGP 予選2位マルク・マルケス「新しいエンジンでコーナリングが改善している」
★MotoGP2017ヘレスGP 予選23位 津田「レースの中で多くを学びたい」
★MotoGP2017ヘレスGP 3位ロレンソ「優勝したように嬉しい!」
★MotoGP2017フランスGP マルケス「良い形でのスタートになった」
★MotoGP2017イタリアGP 予選6位マルケス「フロントタイヤの選択が鍵」
★MotoGP2017イタリアGP ロッシ「体調は日増しに回復している」
★MotoGP2017イタリアGP 8位ロレンソ「20年間続けたライディングは簡単に変えられない」
★MotoGP2017カタルーニャGP 10位ビニャーレス「何が起きているのかわからない」
★MotoGP2017オランダGP Q2結果
★MotoGP2017ドイツGP 決勝結果
★MotoGP2017ビニャーレス「電子制御のセットアップに関して混乱がある」
★MotoGP2017 ブルノテスト結果
★MotoGP2017オーストリアGP ロッシ「どのレースでも表彰台を狙える」
★MotoGP2017オーストリアGP 予選2位ドヴィツィオーゾ「明日は暑くなるのでタイヤチョイスが難しい」
★MotoGP2017 ロッシ「7位でレースを終えてチャンピオンシップ争いは語れない。」