★ベトナムの首都ハノイで、2030年までにバイク、スクーターの乗車が禁止

日本メーカーにとってスクーター、小型二輪車のメイン市場の1つであるベトナムの首都ハノイでは、2030年までにバイク、スクーターの乗車が禁止となるとのこと。これは増えすぎた2輪車による交通渋滞の解消と、深刻化する大気汚染への対策とされています。しかし、安価な移動手段として人気が高いバイクやスクーターの禁止について、早くも市民からは反対の声が上がっています。

Sponsored Link

ベトナムの首都ハノイで、渋滞解消と環境汚染解消のために2030年までにモーターサイクルを禁止するという計画が承認された。これはモーターサイクルの台数が増えるほどに渋滞が解消されると一般的に考えられている北米とは対象的だ。

ハノイには750万人の人が住んでおり、500万台のバイクとスクーターが走っている。しかし車は僅か50万台しか走っておらず、2輪車と4輪車の比率は10:1という状況だ。都市計画によるとバイクとスクーターの台数は2020年までに600万台となり、車の台数は80万台になると考えられている。

ハノイ人民委員会によると、ハノイ市の交通インフラは上昇を続ける交通輸送の要求に追いついておらず、ハノイにおける60%の交通は時速約20km/hで動いている状態で、市内の通りはそのキャパシティの1.34倍の交通が走っているという。(※ハノイ中心部ではキャパシティの3.72倍)こうした過剰な交通は深刻な大気汚染を引き起こしており、ハノイ人民委員会によるとこれらの都市交通が大気汚染の70%の原因となっているという。

モーターサイクルの禁止は、96人中95人の市会議員の賛成を得ており、こうしたモーターサイクルの禁止法案を受けて、市は公共交通を増やしながら、中心部でのモーターサイクルの乗車を禁止していく。Daily Starによると、現在12%しかないバスの利用が2030年までに50%に上昇することを政府は期待しており、都市部で2本の鉄道の建設が進んでいるという。

政府案は安価な移動手段としてモーターサイクルを利用する人々から早くも反対されており、この案はモーターサイクル業界にとっても大きな影響を持つと予想される。ベトナムは世界で4番目に大きなモーターサイクルの市場である、ホンダ、ヤマハ、ピアジオがそのしのぎを削っている。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★Moto2 将来的にはMagneti MarelliのECUを採用へ
★「YZF-Rオーナーズミーティング」を後援! YZF-Rシリーズ2017年最新モデルの展示を行います。
★米GoPro 最新モデルが割引で購入出来る下取りキャンペーンを開始
★Aprilia MOTO LIVE TOUR in Hakoneを開催
★BMWモトラッド 新ウェブサイトを公開(まずはドイツと南アフリカから)
★トライアンフ 新商品・新店効果により4月過去最高の登録台数を達成
★【新店オープン】オートバイ用品専門店「2りんかん」が全国54店舗目となる宇都宮2りんかん6月9日(金)オープン
★ホンダ 世界中でスーパーカブを楽しむ人たちを写真でつなぐフォトプロジェクト「Love Cub Snap」をスタート
★Liquid Asset Partners EBRの資産整理に伴う精算セールのお知らせ
★ヘイデン選手の地元オーエンズボロでヘイデン選手の葬儀が執り行われる。
★バリー・シーン モータースポーツ殿堂入り
★BMW R1200GSのリコール対象台数は世界で150,000台以上のおそれ
★米国運輸省道路交通安全局 BMW R1200GS/R1200GSアドヴェンチャーのリコールを正式に発表
★アンヘル・ニエト イビサ島で交通事故に遭い重傷
★「IDEMITSU Honda Team Asia」中上貴晶選手 来シーズン世界選手権MotoGPクラスへ参戦! ~当社も引き続きサポートいたします~
★ホンダ ハンディータイプ蓄電機「LiB-AID E500」を発売
★ヤマハ バイク生産終了モデルのご案内
★<スポーツバイクユーザー500人に調査> 自転車の故障トラブル、原因の7割は「メンテナンス不足」
★経営状態悪化が囁かれるBimota 現状に関する声明を発表
★バイク王 バイクライフ研究所『リセール・プライス』ランキングを発表『ホンダ・CBR250RR』が首位獲得!