MotoGP2019 ポイントスタンディング(2019/06/17時点)

ご紹介が遅くなりましたが、カタルーニャGPが終了した時点でのポイントスタンディングです。1位はカタルーニャで優勝したマルク・マルケス。2位のドヴィツィオーゾが転倒したことで37ポイントものリードを築いています。3位はアレックス・リンス。優勝はアメリカGPしかありませんが、コンスタントにポイントを稼ぎ続けています。4位ダニロ・ペトルッチもリンス同様に優勝はムジェロだけながら、表彰台獲得を続けています。カタルーニャGPまでの結果でDucatiファクトリーは来年のシートを考えるという話がありましたが、今のところダニロ・ペトルッチが2020年のDucatiファクトリーのシートを獲得したという話は聞こえて来ません。

5位はバレンティーノ・ロッシ。6位ジャック・ミラー、7位にルーキーのファビオ・クアルタラロ。8位は中上 貴晶。今期は旧型で走りながら素晴らしい結果を常に残しています。9位はKTMで唯一結果を出し続けているポル・エスパルガロ。彼のアグレッシブなライディングがKTMのRC16と合っているのでしょうか?10位にカル・クラッチロー

11位マーべリック・ビニャーレス、12位フランコ・モルビデッリ、13位アレイシ・エスパルガロ、14位ジョアン・ミル、15位ホルへ・ロレンソ、16位ヨハン・ザルコ、17位ミゲル・オリヴェイラ、18位アンドレア・イアンノーネ、19位ミケーレ・ピッロ、20位フランセスコ・バグナイアとなっています。