ファウスト・グレシーニ 容態は安定、血中酸素濃度も十分

ファウスト・グレシーニ 容態は安定、血中酸素濃度も十分

Aprilia Racing Team Gresini ファウスト・グレシー二が新型コロナウイルスで陽性となり入院コロナウイルス闘病中のファウスト・グレシーニの容態について、息子のロレンソ・グレシーニがFaccebookに最新状況を報告した。ロレンソの報告によると、ファウストの容態は安定しており、血中酸素濃度も十分な状況にあるようだ。まだまだ回復のフェーズには向かっていないようだが、ひとまず安心出来るニュースだ。

Advertisement

ロレンソ・グレシーニ

「父の容態は安定しています。血中酸素濃度も十分な値で、抗生物質が効果を発揮しています。未だに人工呼吸器を使用しており、安静にしている必要がありますが熱はありません。ウイルスと闘っている他の皆さんと共にいます。また、父の治療に全力で尽力してくれている医療スタッフの皆さんに感謝いたします。」

(Photo courtesy of gresini racing)

MotoGPカテゴリの最新記事