★スズキ アメリカで2輪駆動スクーターに関する特許を発表

しばらく前にBMWがエイプリルフールのネタとして2輪駆動のGSを発表しましたが、スズキはバーグマンをベースとした2輪駆動のスクーター技術をアメリカで特許登録した後に発表しました。これが市販化されるとは思えませんが、面白い技術ですね。

Sponsored Link

スズキは2輪駆動のスクーターに関する特許発表を行った。この特許は10月に登録されていたが、本日アメリカのパテントオフィスとトレードマークオフィスで発表された。これによるとフロントホイールにハブマウントされたエレクトリックモーターが、エンジンによって駆動されるリアホイールをアシストするという。

特許登録されたイラストでは、このスクーターはバーグマン200にように見えるがフロントエンドが異なっている。フロントホイールは車体左側につけられたスイングアームにハブモーターと共にマウントされている。そして車体右側にはリンクドショック、ブレーキが搭載されている。特許内容はホイールの左右の重量配分にフォーカスしたものだが、モーターのパフォーマンスやどのように動力を得るのかについては詳細がない。特許内容はエンジン駆動されるリアホイールに関する記述も少ない。

スイングアーム(50)はフォーク(44)にマウントにピボットポイント(47)でマウントされている。ショックアブソーバー(55)は右のフォークレッグのトップとスイングアームにマウントされている。ブレーキディスクとキャリパーも車体右右側についており、これによって適切な重量バランスを実現。同時にブレーキとショック、そして車体左側のモーターにもアクセスしやすいようになっている。モーターはプラネタリーギアシステムに繋がったドライブシャフトを駆動し、フロントホイールを動かす仕組みだ。


Fig12〜14ではスリムなハブモーターを搭載したバージョンが描かれている。またこちらのバージョンに関してはフロントブレーキキャリパーは、スイングアームではなくサスペンションリンケージにマウントされている。

スズキがこの2輪駆動の技術を製品化するのか、コンセプトデザインで終わるのかは定かではない。スズキはモーターの重量に関して検討する必要があるだろうし、またどのようにこれを駆動するのかについても検討が必要だろう。また、この特許アイディアがビジネスとしてさらに発展させるに足るのかという判断も必要だろう。

スズキがバーグマンを新しい技術の土台として使用するのはこれが初めてではない。スズキは過去にもフューエルセル(燃料電池)を搭載したバーグマンを何度かテストしており、先月にはプロトタイプの公道テストがスタートしている。


この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★KTM 2ストロークインジェクションエンジンを開発。2018年モデルとして市販へ
★MotoGP2017 ダヴィデ・ブリビオ「今シーズンの目標は年間ランキング4位を上回ること」
★MotoGP2017 イアンノーネ「良い形で妥協点を見つける事が出来ていない」
★MotoGP2017カタールGP アレックス・リンス「次のレースが待ち遠しい」
★排気量3%アップながら出力18.3%アップの新エンジン搭載 スポーツモデル「YZF-R15」をインドネシアで発売
★MV AGUSTA(MVアグスタ)新形モデルと思われる「RVS」の動画を効果
★スズキ 新型GSX-R600とGSX-R750の登場は2018年以降
★Ducatiの新型V4スーパーバイク、今年秋ごろには登場か?
★MotoGP2017 いかにイアンノーネのような選手の状況を解決するのか?
★2017年モデル GSX-R1000R ABS 発売
★新型スズキ隼は2018年には登場しない?
★MotoGP2017オーストリアGP リンス「GSX-RRをオーストリアで試すのが待ち遠しい」
★MotoGP2017サンマリノGP イアンノーネ「良い結果を残せることを願っている」
★BMW EICMAで発表予定のモデルに関するティーザービデオを公表
★BMW EICMAでF750GSとF850GSを発表
★カワサキからニューモデル「Ninja 250」「Ninja 250 KRT Edition」登場
★MotoGP2018 ダヴィデ・ブリビオ「2018年型のGSX-RRは、2017年の最終戦バレンシア仕様がベース」
★カワサキ コンセプトモデル「J Concept」を発表
★MotoGP2018 セパンテスト1日目 イアンノーネ「今の段階で17年型と18年型の比較は難しい」
★スズキ、伝統的な外観を取り入れたネオレトロの新型「SV650X ABS」を発売