★スズキ アメリカで2輪駆動スクーターに関する特許を発表

しばらく前にBMWがエイプリルフールのネタとして2輪駆動のGSを発表しましたが、スズキはバーグマンをベースとした2輪駆動のスクーター技術をアメリカで特許登録した後に発表しました。これが市販化されるとは思えませんが、面白い技術ですね。

Sponsored Link

スズキは2輪駆動のスクーターに関する特許発表を行った。この特許は10月に登録されていたが、本日アメリカのパテントオフィスとトレードマークオフィスで発表された。これによるとフロントホイールにハブマウントされたエレクトリックモーターが、エンジンによって駆動されるリアホイールをアシストするという。

特許登録されたイラストでは、このスクーターはバーグマン200にように見えるがフロントエンドが異なっている。フロントホイールは車体左側につけられたスイングアームにハブモーターと共にマウントされている。そして車体右側にはリンクドショック、ブレーキが搭載されている。特許内容はホイールの左右の重量配分にフォーカスしたものだが、モーターのパフォーマンスやどのように動力を得るのかについては詳細がない。特許内容はエンジン駆動されるリアホイールに関する記述も少ない。

スイングアーム(50)はフォーク(44)にマウントにピボットポイント(47)でマウントされている。ショックアブソーバー(55)は右のフォークレッグのトップとスイングアームにマウントされている。ブレーキディスクとキャリパーも車体右右側についており、これによって適切な重量バランスを実現。同時にブレーキとショック、そして車体左側のモーターにもアクセスしやすいようになっている。モーターはプラネタリーギアシステムに繋がったドライブシャフトを駆動し、フロントホイールを動かす仕組みだ。


Fig12〜14ではスリムなハブモーターを搭載したバージョンが描かれている。またこちらのバージョンに関してはフロントブレーキキャリパーは、スイングアームではなくサスペンションリンケージにマウントされている。

スズキがこの2輪駆動の技術を製品化するのか、コンセプトデザインで終わるのかは定かではない。スズキはモーターの重量に関して検討する必要があるだろうし、またどのようにこれを駆動するのかについても検討が必要だろう。また、この特許アイディアがビジネスとしてさらに発展させるに足るのかという判断も必要だろう。

スズキがバーグマンを新しい技術の土台として使用するのはこれが初めてではない。スズキは過去にもフューエルセル(燃料電池)を搭載したバーグマンを何度かテストしており、先月にはプロトタイプの公道テストがスタートしている。


この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト3日目 イアンノーネ「進むべき方向性がわかった」
★「CBR250RRレースベース車」について
★スポーツモデル「CBR400R」のカラーリングを変更し発売
★クロスオーバーモデル「400X」の各部の熟成を図るとともにカラーリングを変更し発売
★ヤマハ 「BOLT ABS」「BOLT Rスペック ABS」2017年モデル発売
★スズキ・エンデュランス・レーシング・チーム ル・マン24時間耐久は6番手スタート
★ル・マン24時間耐久 チームSRCカワサキ 転倒により順位を落とす
★世界耐久選手権(EWC) ル・マン24時間耐久レース写真ギャラリー
★MotoGP2017アメリカGP イアンノーネ「良いシーズンスタートとは言えない」
★MotoGP2017アメリカGP リンス「COTAでのライディングは楽しい」
★MotoGP2017アメリカGP リンス「転倒で支払った代償は大きい」
★MotoGP2017アメリカGP スズキのチャンピオン達がCOTAに集結
★MotoGP2017スズキ リンスのレース復帰は6〜8週間後の見込み
★もしTL1000Sが現代に蘇ったら? Kardesign TL1100S
★トライアンフ TIGER 800XRT / TIGER 800 XCA 限定導入のご案内
★マン島TT2017 マイケル・ダンロップ 新型GSX-R1000の高い性能を早くも証明
★MotoGP2017イタリアGP イアンノーネ「”自分の”サーキットで良いレースをしたい」
★MotoGP2017イタリアGP ギュントーリ「ここで再びレースが出来る事が嬉しい」
★MotoGP2017 スズキは明らかにイアンノーネのパフォーマンスに満足していない
★MotoGP2017スズキ ダヴィデ・ブリビオ「プロジェクトリーダー交代は成績と無関係」