★MotoGP2017オランダGP 決勝結果

オランダGPの決勝結果です。毎年のことながら今年もたくさんのドラマが生まれたレースでした。
まず最初のホールショットを奪ったのはポールポジションスタートのザルコ選手。そのままザルコ選手がリードを続けますが、残り15周の時点でロッシ選手がザルコ選手を抜いてトップに立ちます。その後ロッシ選手がワイドに膨らんでイン側に戻って来る際にザルコ選手と接触。残り14周でビニャーレス選手が転倒。

Sponsored Link

その後残り8周の時点でレインフラッグが振られ、残り7周でザルコ選手がギャンブルに出てマシンをレインタイヤを履いたものに変更。リンス選手とロレンソ選手がこれに続きます。残り5周でペトルッチ選手がトップに立ち、ロッシ選手と激しいバトルを展開。ザルコ選手はバイク交換の際にピットレーンのスピードリミットを超えたとしてペナルティーを受けます。最終ラップにはクラッチロー選手がマルケス選手を交わしますが、最後にまたマルケス選手がクラッチロー選手を交わしています。

最終的な順位はロッシ選手が優勝、2位ペトルッチ選手、3位マルケス選手となりました。これでロッシ選手は最長の勝利記録を20年313日に伸ばしました。4位クラッチロー選手、5位ドヴィツィオーゾ選手、6位ミラー選手、7位アブラハム選手、8位バズ選手、9位イアンノーネ選手、10位アレイシ・エスパルガロ選手となりました。

なお、これでチャンピオンシップをリードするのはドヴィツィオーゾ選手となり、2位に4ポイント差でビニャーレス選手、3位にビニャーレス選手と3ポイント差となったロッシ選手がいる状態です。


(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト Red Bull KTM写真ギャラリー
★MotoGP2017スズキ 河内健氏「早い段階でタイトル争いに参加したい」 
★MotoGP2017 イアンノーネ「良い形で妥協点を見つける事が出来ていない」
★MotoGP2017アルゼンチンGP マルケス「そこまでプッシュしていたわけではない」
★MotoGP2017アメリカGP リンス「転倒で支払った代償は大きい」
★MotoGP2017アメリカGP スズキのチャンピオン達がCOTAに集結
★MotoGP2017 マックス・ビアッジ「ロッシの最大の敵は時間」
★MotoGP2017フランスGP ペドロサ「新しい路面の状況が気になる」
★MotoGP2017イタリアGP 予選3位ドヴィツィオーゾ「優勝争いが出来ると思う」
★MotoGP2017スズキ ダヴィデ・ブリビオ「イアンノーネがここまで適応に時間がかかると思っていなかった」
★MotoGP2017 ドヴィツィオーゾ「小さな違いが大きな違いを生み出す」
★MotoGP2017ドイツGP 予選3位ペドロサ「先週と同様のコンディションで良い仕事が出来た」
★MotoGP2017ドイツGP 予選4位クラッチロー「ホンダで上位3位を獲得したい」
★MotoGP2017ドイツGP 予選プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017オーストリアGP ロレンソ「ブルノと同様の感覚を得ることが重要」
★MotoGP2017オーストリアGP 決勝レース結果
★MotoGP2017イギリスGP マルケス「現在非常に良いセットアップが見つかっている」
★MotoGP2017オーストラリアGP ロッシ「ザルコをファクトリーバイクに乗せるのはちょっと。。」
★MotoGP2017バレンシアGP FP1結果
★MotoGP2017バレンシアGP 2位ザルコ「立ち上がりとコーナリングスピードに苦戦した。バックフリップはまた来年」