★MotoGP2017オランダGP 決勝結果

オランダGPの決勝結果です。毎年のことながら今年もたくさんのドラマが生まれたレースでした。
まず最初のホールショットを奪ったのはポールポジションスタートのザルコ選手。そのままザルコ選手がリードを続けますが、残り15周の時点でロッシ選手がザルコ選手を抜いてトップに立ちます。その後ロッシ選手がワイドに膨らんでイン側に戻って来る際にザルコ選手と接触。残り14周でビニャーレス選手が転倒。

Sponsored Link

その後残り8周の時点でレインフラッグが振られ、残り7周でザルコ選手がギャンブルに出てマシンをレインタイヤを履いたものに変更。リンス選手とロレンソ選手がこれに続きます。残り5周でペトルッチ選手がトップに立ち、ロッシ選手と激しいバトルを展開。ザルコ選手はバイク交換の際にピットレーンのスピードリミットを超えたとしてペナルティーを受けます。最終ラップにはクラッチロー選手がマルケス選手を交わしますが、最後にまたマルケス選手がクラッチロー選手を交わしています。

最終的な順位はロッシ選手が優勝、2位ペトルッチ選手、3位マルケス選手となりました。これでロッシ選手は最長の勝利記録を20年313日に伸ばしました。4位クラッチロー選手、5位ドヴィツィオーゾ選手、6位ミラー選手、7位アブラハム選手、8位バズ選手、9位イアンノーネ選手、10位アレイシ・エスパルガロ選手となりました。

なお、これでチャンピオンシップをリードするのはドヴィツィオーゾ選手となり、2位に4ポイント差でビニャーレス選手、3位にビニャーレス選手と3ポイント差となったロッシ選手がいる状態です。


(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP 木曜写真ギャラリー
★MotoGP2017ヘレスGP ペドロサ「ウェット、ドライともに良い感触」
★MotoGP2017Ducati ジジ・ダッリーニャ「今、最も良くないのは混乱してしまうこと」
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント チームスズキECSTAR
★MotoGP2017フランスGP 木曜プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017 イタリアGP(ムジェロ戦)から2016年型フロントタイヤを使用
★MotoGP2017 マルケス「ニッキーは自分が弟であるかのように接してくれた」
★MotoGP2017オランダGP ビニャーレス「ポールポジションを狙っていく」
★MotoGP2017ミシュラン ドイツGP決勝レースリリース
★MotoGP2017チェコGP カレル・アブラハム「非常にタフで忙しい週末になる」
★MotoGP2017オーストリアGP フォルガー「レッドブル・リンクでのレースは楽しい」
★MotoGP2017サンマリノGP マルケス「今までと同じメンタリティーで挑む」
★MotoGP2017サンマリノGP 2位ペトルッチ「今日のレースに関して後悔はない」
★MotoGP2017サンマリノGP 決勝プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017アラゴンGP 3位ロレンソ「残り7周でトラクションが無くなってしまった」
★MotoGP2017 Ducatiジジ・ダッリーニャ「マルケスのように限界で走るライダーと戦うのは難しい」
★MotoGP2017日本GP マルケス「現時点で転倒することは問題ない」
★MotoGP2017 ロッシ「タイトル争いは最終戦までもつれ込むかも」
★MotoGP2017オーストラリアGP Q2結果
★MotoGP2017オーストラリアGP マルケス「最も重要なのはドヴィの前でレースを終えること」