MotoGP2019 ダニロ・ペトルッチはどこまで成長できるか?

ダニロ・ペトルッチは前回のバルセロナ(カタルーニャ)で3連続表彰台を獲得しています。ルマンでは3位、ムジェロで優勝、バルセロナで3位という成績で、2019年いっぱいでDucatiファクトリーとの契約が切れる彼ですが、来年のDucatiファクトリーでのドヴィツィオーゾのチームメイトにほぼ内定していると言われています。

抜群の速さが目立つわけではありませんが、ペトルッチは開幕戦カタール、アルゼンチン、アメリカの序盤3戦では6位、続くヘレスで5位を獲得すると、ル・マンから連続して表彰台を獲得するという結果を残しています。現時点では総合98ポイントを獲得しており、チャンピオンシップではバレンティーノ・ロッシを抜いて総合4位、総合2位のドヴィツィオーゾはバルセロナでの転倒があったことで総合103ポイントとなり、総合3位のリンスは101ポイント。

アメリカでの転倒以外、2位もしくは優勝しかしていないマルケスは140ポイントと離れていますが、マルケスを別にして考えると、ペトルッチもコンスタントに成績を残してきています。昨年冬はドヴィツィオーゾにタイヤをどうやって最後まで温存させるか?デスモセディチGPの乗り方を改めて教わったことで、ドヴィツィオーゾには恩義を感じているようで、ムジェロの優勝後のプレスカンファレンスでは「今後はドヴィツィオーゾを助ける」という趣向の発言をしていましたが、カタルーニャでは「目標はチャンピオンシップスタンディング5位、優勝のチャンスがあれば当然狙っていく」と発言しています。

今回のレースの結果に関わらず、来年のドヴィツィオーゾ以外のDucatiファクトリーシートは彼で決まりでしょうが、今シーズンこの先もトップ5でレースを終えるペトルッチの姿を見る機会は増えていくでしょう。将来的にドヴィツィオーゾを超えることができるかどうかは定かではありませんが、スタート、そしてレース序盤にマルケスについていくスピードを身につけることが出来れば、大きく化けるかもしれません。

(Source: Ducati)

(Photo courtesy of michelin)